のんびり東京散歩~門前仲町の巻(1)

のびのびになっていた門前仲町散歩。この週末にやっと訪れることができました。この日は気温26度、もう夏日なんですね。でもお散歩にちょうどよい気候でした。さて目的地は江東区ということでわが家からはほぼ23区横断・・・でも乗り換え一回で来られるので、実はアクセスいいのかも。この街は4つの川というか運河で四方を囲まれた土地。まずは川を見に行こう~と石島橋を渡り、川沿いの道を歩きました。道沿いの木は全部桜!桜の季節はさぞきれいだったことでしょう。

e0105846_8585332.jpge0105846_8585950.jpg石島橋にはなぞのモニュメントが1対。なんのモチーフなんでしょうね?これ。川なんだけど海に近いからか、クラゲがたくさんいました。心なしか潮の匂いもしていました。
e0105846_859629.jpge0105846_8591218.jpge0105846_8591864.jpg
とにかく川だらけ。川の交差点もみることが出来ました。東富橋を渡り、目指すは富岡八幡宮です。

e0105846_9154134.jpgこういう光景ってThe下町ですよね。家の前にたくさんの植木鉢があるの。

八幡さん横の遊歩道沿いには赤い鉄橋、八幡橋(旧弾正橋)がかけられていて、これは国産第一号の鉄橋なのだとか(下の写真)。京橋八丁堀からこちらに移され、国の重要文化財らしいです。現役の歩道橋。
e0105846_9154892.jpge0105846_9155676.jpgさらに突然旧新田橋も置かれていて(まさに置かれているだけで通ることも出来ない。もちろん下に川などは流れていない。)、江東区って橋マニアなのでしょうか。
つきましたよ~、富岡八幡宮に。
e0105846_925418.jpg
e0105846_9255676.jpge0105846_926239.jpg手と口を清めお参りした後は、おみくじ(2枚で100円ととっても太っ腹)を子どもたちは引きました。神様はお見通しなんですね。ようたんはおみくじを引くたびに「心平和にしていなさい。激してはいけません。素直に。」というようなことを書かれてしまう。外ではおとなしいのですが、典型的な内弁慶、家の中では声を荒げてそうくんにちょっかいばかりだしているので。

そしてそうくんの方はといえば、「自分を過信せず、謙虚に努力を重ねなさい。目の前にあることを一生懸命しなさい。」とどこで引くおみくじにも書かれているのでした。子どもたちもこれにはちょっと心当たりがあるので、ますます神様の存在を信じて、罰当たりなことはできない~と本気で思ってしまうのでした。

e0105846_942752.jpg富岡八幡宮の中には、相撲関係の石碑も多くありました。ゆかりの地なのかな?
続いてはすぐお隣にある深川不動堂へ。堂の中も見学させていただきました。
e0105846_9423212.jpg

e0105846_9453648.jpg深川といえば深川丼でしょ。おまちかね本日のランチはこちらでいただきました。深川不動堂前の参道沿いの「六衛門」にて。狭いお店の中は私たちが入って満席になりました。

そうくんはアサリの炊き込みご飯がメインの「アサリご飯(深川飯)セット」(1050円)、夫はアサリのぶっ掛けご飯がメインの「深川丼セット」(1050円)、ようたんはなぜか「クリームコロッケ定食」(840円)、私は珍しくまだおなかが空いていなくて「アサリ雑炊セット」(780円)を注文。
e0105846_9454369.jpge0105846_9455052.jpge0105846_9455677.jpg
そうくんはこれでも足りなくて、大盛りにすればよかったね、と。どんだけ食べるんだ、小学3年。ようたんもコロッケ4つとご飯その他完食していました。(コロッケ一つはみんなにおすそ分けしてくれた。)みんな来るなり箸をつけていて、食べかけ写真で失礼します。私のに至っては写真すら撮り忘れているしね。全ての定食にシラスおろしとタケノコの煮物と香の物と味噌汁がついていました。下町グルメって決して凝ったものではないのですが、なんだかおいしく感じるものですよね。深川丼もおいしかったので、今度は家で作ってみたいと思います。   後半(2)へつづく・・・。
[PR]
by higumake | 2009-05-12 09:38 | 日々のくらし


<< 「お」と言えば・・・ お店屋さんごっこ >>