新しょうがの季節

青梅に続いて新生姜も出回り始めていますね。というわけで、こちらもパルシステムで注文した新しょうがを使って、甘酢漬を作りました。いつもは酢に適当な量の砂糖と塩を入れた甘酢に漬けていたけれど、今年は新ショウガについていたレシピで作ってみました。水が入る分、あっさり目になるのかな?と只今味見をしてきましたが、酢のつーんとした感じが弱まり、お鮨屋さんで頂くようなちょっと甘めでおいしいものに仕上がっていましたよ。
e0105846_17312028.jpg
1:新しょうがは水洗いしながら、汚れや土をこそげ取る。固い部分だけ薄く皮を剥き、よく水気ををきってから薄切りにして、熱湯消毒した保存ビンに入れる。
2:鍋に水(50cc)砂糖(50g)塩(小さじ1)を入れて煮溶かす。火を止めてから酢(100cc)を入れる。
3:甘酢液がまだ熱いうちに1のビンに注ぎ入れる。

※翌日くらいから食べられますが、2~3日後くらいがおいしいです。その後もかなり長期間、保存できたと思います。

e0105846_1728043.jpge0105846_1728650.jpg酢を入れるとほんのりピンク色に色づくのがきれいです。
お寿司に刻んで混ぜたり、キュウリと合わせて小鉢にしたり、チャーハンに刻んでトッピングしてもおいしいです。

そして今年はジンジャーエールにも挑戦しようかと思っています。まだチャレンジはしていないのですが、「パルシステム」の去年のカタログに載っていたレシピを書き写しておきますね。

1:新生姜は水洗いして土や汚れを落とす。固い部分の皮だけ薄くこそげ落とす。
2:繊維に沿って出来るだけ薄くスライスする。繊維と垂直にスライスすると食感が悪くなるので注意!
3:沸騰した湯に新ショウガを入れ、再沸騰したら取り出して水気を切る。
4:粗熱が取れたら密閉容器に新ショウガを入れ、しょうががかくれるくらいハチミツを注ぎ、冷蔵庫に入れる。

※翌日から食べられます。3~5倍(お好み)の炭酸水で和ってジンジャーエールに。

梅ジュースに引き続き、これもまた夏向きのおいしいドリンクになりそうです。
[PR]
by higumake | 2009-06-25 09:05 | レシピ


<< キャンディーポット大量生産 田んぼはたのし >>