お月見の撮影(1) 準備の巻

e0105846_2123453.jpg先日の日曜日はテレビの撮影が実家でありました。「クールジャパン」という外国人の感性から日本の魅力を再発見しようという感じの番組で、9月末に放送予定だそうです。また近くなったらお伝えしますね。

先日テレビを買い換えたことで、はじめてこの番組を見られました。そのときのテーマは七夕でしたが、今回の撮影テーマはお月見とのこと。「月の会」というものに母が入っていて、そこからの紹介でこの話が来たようです。それで「ひとりじゃ絶対に無理!」という母の号令の下、弟一家とひぐま家がお手伝い?に伺ったのでした。

e0105846_2124997.jpge0105846_2124261.jpg 
こちらは玄関と和室のしつらいです。ウサギの置物にすすき、満月に見立てた白漆の盆が月見を演出します。

e0105846_21241318.jpge0105846_21242084.jpge0105846_2133497.jpg
e0105846_21243687.jpge0105846_21244411.jpg
e0105846_21263328.jpg
前日準備はお花を生けるところから。いきなり「お花をいけるのは苦手~!」とぼやきながら(笑)、孫達がうろうろする中、秋の花と格闘する母。(と、リビングでまったりするようぴ@写真右上。)

テレビは本来の季節の2ヶ月前倒しで撮影をするため、ススキが手に入るかどうかが一番の心配ごとでしたが、お花屋さんの協力もあり、50本仕入れられたようです。他にはリンドウやオミナエシ、ワレモコウなど。これらのお花のお陰で、真夏の東京が一気に秋に・・・。
e0105846_21394383.jpge0105846_21395973.jpge0105846_21401121.jpg
e0105846_2140215.jpge0105846_21402935.jpge0105846_21403994.jpg
あとは前日当日と作業を分けて、母、弟の奥さん(料理万般かなり有能)と私で手分けして、筑前煮を炊いたり、衣かつぎを作ったり、ナスの下ごしらえや、おむすび12合分?むすんだり、取り皿、箸、お猪口、グラスの準備に、箸置きは葡萄のツルを切ったりむすんだりと手づくりしたり(撮ったと思ってもいろいろと写真がない・・・)。その間弟と夫の男子チーム(大道具兼なんでも屋・笑)は掃除したり、子どもの相手をしたりと好プレイ。後で思ったけれど、私たちかなり優秀なアシスタントかと!(そして母は人使いがうまい・・・。)

e0105846_22221567.jpge0105846_22222228.jpg
18尾の鮎は夫と私でグリルで焼き焼き。尾っぽとヒレにはたっぷり塩を振るのがきれいに焼くコツ。塩する夫の手がみるみる慣れて行くのが分かる。にわか板前修業。焼きあがった鮎は大ザルにヒノキを敷いた上に乗せていきました。

e0105846_22244172.jpge0105846_2224491.jpg
この日は降ったりやんだりのお天気でしたが、やんだ隙にお庭に月見台を置きました。お月見は秋の収穫祭でもあるので、花と共に土地のものもお供えします。左の空いた三方にはおだんごが乗る予定。お団子製作は撮影内容の一部で、後ほどレポーターさんたちと共に作るようです。取材クルー到着は15時半。たった7分のシーンを撮影するために用意された時間は5時間!実際の撮影の模様は(息切れしたので)また改めて。~(多分)つづく~

※お庭に飾った月写しの器?など、お月見に関するいろいろな話は興味深いのですが、私にはまだうまく説明できないので、監修を兼ねて時間のあるときに、母にはコメント欄ででも解説をお願いしたいです。先生、お願いします!

お月見の撮影(2)
お月見の撮影(3)
[PR]
by higumake | 2009-08-07 10:49 | 日々のくらし


<< お月見の撮影(2) しつらいと... 「宿題やれーっ!」といい続ける... >>