お月見の撮影(2) しつらいとお団子作りの巻

当日は15時半に約束していた取材スタッフやレポーターさんたち、しっかり15時半に到着。午前中は銀座での街頭インタビューに加え、月にまつわる雑貨を扱っているお店の取材をしてきたのだとか。まずは私たち抜きで外観の撮影をしてから、いよいよ「玄関をノックするので皆さんで出迎えて下さい。」のディレクターさんの指示通りに撮影が始まりました。

e0105846_20164826.jpge0105846_20165514.jpge0105846_2017180.jpg
レポーターはロシア人の男性とブラジル人の女性の二人。それにディレクターさんとカメラマン、音声、照明さんに通訳が一人。マイクを付けてもらう母。

e0105846_2017737.jpge0105846_20171447.jpge0105846_20171950.jpg
部屋のしつらいも丁寧に撮ってくださっています。階段の壁に下がっているのは、月の満ち欠けをデザインした襦袢用の反物です。

e0105846_20322567.jpge0105846_20323183.jpge0105846_20323721.jpg
続いてはダイニングで、月見団子製作を撮影。出演はレポーターさん2名と母と孫3名。

e0105846_20324463.jpge0105846_20325054.jpge0105846_20325663.jpg
出来上がったお団子を茹でるのは裏方の私の仕事。できたてのお団子は柔らかくて、盛っても崩れてきてしまうので大変!
e0105846_2033267.jpg
2寸(直径約6センチ)の大きなお団子を15個乗せた三方は圧巻です。季節の盛り物と共に、お庭の月見台に飾ります。

e0105846_20425537.jpgお団子やお庭を撮影している間(待ち時間)は、レポーターさんたち(日本語が上手)が子どもたちとおしゃべり。とっても気さくなブラジル人のマリさん、子どもたちも自然になついていました。このあとは待ちに待った?宴会のスタートです。

~つづく~撮影(3)いよいよ直会(なおらい)の巻
[PR]
by higumake | 2009-08-08 09:52 | 日々のくらし


<< 「国立科学博物館」に、「電力館... お月見の撮影(1) 準備の巻 >>