七草粥

1月7日は人日(じんじつ)の節句。雛祭りや端午の節句と並ぶ五節句のひとつです。この日の朝に七草粥を食べれば、この一年も無病息災で過ごせられると考えられていました。わが家は玄米でお粥を炊きましたが、おいしく出来上がりました。若菜のほのかな苦味のある熱々のお粥は、胃にもやさしく感じられました。
e0105846_10382390.jpg
「せり、なずな、ごぎょう、はこべ(ら)、ほとけのざ、すずな(蕪)、すずしろ(大根)」こどもたちもしっかりと覚えています。

明日から小学校スタート。今日は冬休み最後の日ですが、宿題は一言日記以外は12月中に終わらせてあるので、今日も焦ることなく子どもたちは朝から創作活動に勤しんでおります。何を作っているかというと「おもしろブック」。(命名にびっくり。まさに「おもしろブック」は、私も小さな頃によく書いていました!親子だなぁ。)これ、迷路ありクイズあり間違い探しありの、文字通りお楽しみの絵本です。暇人・・・いえいえクリエイティブだね~と言っておきましょう(笑)。紙と鉛筆さえあれば、何時間でも時間を潰せるこどもたちなのです。

さて、只今明日の準備をさせていますが、用意できていないものがいくつか(焦)。のりが残りすくなくなっているし、昨日慌てて洗わせた上履きの乾きは若干甘く、明日持たせることになっていた百人一首カードがまだ出来ていない・・・。雑巾も慌てて先ほど縫ったのでした。長いはずの休み、なにやっていたんでしょうね~。
[PR]
by higumake | 2010-01-07 18:19 | 日々のくらし


<< おもしろブック 今日のむすめさん >>