徳島の遊山箱

これは先日、新宿御苑に持って行ったお花見弁当です。おかずを入れた手提げの三段重は、徳島の遊山箱(ゆさんばこ)というもの。調べたらはなまるマーケットで水野真紀さんが紹介していたのも遊山箱でした。だんご3兄弟ママさん正解です!そしてカナさんもお持ちなんですよね!
e0105846_817162.jpg
中身は一応結婚11周年おめでとうのお赤飯と、あとは定番の鶏の唐揚げにポテトサラダとプチトマト。

e0105846_959522.jpgはじめて「遊山箱」を知ったのは2004年に発売されていた雑誌「リンカラン5月号」で。(今は休刊しちゃいましたね。たまに手にとっていたのにな。)

「遊山箱」とは、昭和40年ごろまで野山への行楽や雛まつりに使われたこどもたちが持つ弁当箱のこと。

小さな3段重には巻き寿司や煮物、ういろうなど、普段はあまり食べられない特別なごちそうを入れてもらって、旧暦の3月4日に、徳島の子どもたちはこれをもって、子どもだけで野山に遊びにでかける風習があったそうです。

昔は子どもにも水汲みや子守や農作業の手伝いなどの仕事があったけれど、この日だけはご馳走を持たせてもらって一日中遊ぶことができた。子どもにとっては幸せな一日。そんな思い出とともに遊山箱も忘れられた徳島独特の文化でしたが、近年このすてきな文化を復活させようと、徳島の方々は取り組んでいるらしい。

e0105846_9592135.jpgあるとき母にもこの記事を見せたら、母はすでに知っていて、家のしつらいにも使いたかったし、孫に女の子も生まれたことだから、初節句のお祝いにこっちゃんにあげるね、と贈ってくれました。うれしい!

そしてなぜかかわいいもの好きなようたんも欲しいというので、大きめの黒はようたんに(というか家族用に)。これは子どもの持ち物なので、普段使わないときは宝物入れになっています。

e0105846_9593115.jpgこれから娘が歩くようになったら、毎日のようにお散歩に出かけるだろうし、そうなったらこっちゃん用の小さな遊山箱にありあわせのおかずを詰めて、近所の公園や原っぱに出かけたいなと思います。

覚えていなくても、当たり前に思っていても、子どもの心のどこかにお母さんのお弁当の思い出が詰まっていたら、その子たちは健やかに育っていくんじゃなかろうか。そう信じたいです。

親が子にしてあげられることなんて、きっとそんな小さなことの積み重ねなんだと思う。

e0105846_9594051.jpgこれは「漆器蔵 いちかわ」のもの。「楽天」あたりでも遊山箱の扱いはあるけれど、お手ごろ価格でも中がプラスティックだったりとちょっと残念なので、こんなちょっとぜいたく品だからこそ、木製のしっかりしたものを使いたい。この遊山箱、これからたくさん活躍してくれることと思います。
[PR]
by higumake | 2010-04-20 14:20 | お弁当


<< 仕方がないので始めました。 のんびり東京散歩~麻布十番・東... >>