パーマネント野ばら

本を読むのはとても好きなのですが、現在空いた時間は今のうちの家事しとこ!などとついついそちらに向かいがちで、読書するような本当に自由な時間はなかなか持てていません。というわけで内容が相当おもしろくないと、一気に読むということが出来なくなりました。中断しているうちに冷めてきてしまうのですね。でもこれは久々に一気に読みました。
e0105846_9572284.jpg
小中学生の頃、トイレ行くのも一緒(連れしょんってありましたよね?)、教室の移動も一緒、毎日毎日お手紙交換したり、いつも一緒、みんなと一緒じゃないと友だちじゃないみたいな女子の世界って、正直しんどいし面倒・・・と思っている女子でした。そんな中でいいこともあったけれど、イヤなこともそりゃあたくさんあって、高校に入って仲良くしていた友だちもいたけれど、ひとりでもいっかと常につるむようなことはもうやめた。そしたら男子と仲良くなりました。居心地よかった。大学はもっぱら一人か男子たちとお昼ご飯食べていたなあ。なつかしい。

そんなだったので、ずっと生まれ変わったら男に生まれたいと思っていたのですが、大人になってからはやっぱり生まれ変わっても女だよね、と思えるようになりました。女子道はきびしいときもあるけれど、断然自由で、たくましくて、楽しんじゃないかと。(夫や息子達見てると、男子の道もいいなーとも思うのだけどね。だって女子よりいろいろなことがシンプルだから、シンプル好きとしては惹かれます。)

前置きが長くなったけれど「パーマネント野ばら」は女の世界の話です。あけすけな話もたくさんあって、か弱そうな振りしてても本当はたくましいし(その逆もある)、図太そうに見えても案外繊細だし(その逆もある)、嘘もつくし、懲りないし、したたか。これが年を追うごとに強化されても行く・・・これが女なんだよね。同じ女として、ごめんなさいね(笑)。

原作が次々映画化されていて、先日はテレビで壮絶な生い立ちも紹介されていて、以前からとても興味があった西原さんの作品。この度やっと手にとった一冊で、ずきゅーんとやられてしまいました。だって女たちの下世話で壮絶な生き様を笑い飛ばしながら、その一方で気付くと愛おしく抱きしめられているようで・・・。

今は亡き井上ひさしさんの有名な言葉があります。

「むつかしいことをやさしく
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、
そしてゆかいなことは
あくまでもゆかいに」

この人の本はまさにそんな風に書かれているように思う。西原さんご本人が言っていた言葉も印象的でした。

「どん底でこそ笑え」

彼女は漫画家です。分類ではギャグ漫画家に入るのかもしれません。でもその笑いの奥には、海なんだか、井戸なんだか、泉なんだか、地獄の沼なんだかわからないけれど、確かにナニモノカがひろーくひろーく広がっているように思うのでした。

パーマネント野ばら

西原 理恵子 / 新潮社


パーマネント野ばら (新潮文庫)

西原 理恵子 / 新潮社


既に文庫落ちしています。
[PR]
by higumake | 2010-05-17 12:11 | 日々のくらし


<< CUBE巾着とスタイ2種 家出 >>