ジブリ美術館へ

月曜日は小学校の代休だったので、吉祥寺にある「ジブリ美術館」へ行ってきました。

e0105846_17204628.jpgここは完全予約制なので、当日の思いつきでぷら~と行きたい私としては、なかなか敷居の高い場所でありました。梅雨だから天気も気になったのだけど、このままじゃいつまでも行けん!と思ってえいっと予約して行ってきました。

これが思っていたよりも広く、館内はまるで宮崎駿映画に出てくるどこかのよう!狭いらせん階段あり、小さな生き物が潜り抜けるためにあるかのような出入り口あり、建物自体が迷路のようで、特にようぴのテンションがあがってた。そして映画が作られる書斎では、本物のデッサン画がたくさんあり、大人も思わずテンションアップ。

e0105846_9103148.jpgそして館内の小さなシアターで上映されている短編もまた、ほんわりと子ども心に戻るかのようでよかったです。子どもって想像と現実世界の間を行き来しつつ生活しているのだろうな、と。

屋上庭園にはラピュタの(おそらく実物大)守り神もいました。館内は写真撮影禁止なので、ここと外観の写真しかありません。

それにしても赤ちゃんを連れていると、ご年配の方によく声を掛けられます。今日も「りりしいお顔して~。男の子はそうでなくっちゃ!」と完全に男の子だと思われていた娘。普通は男女どちらかな、と多少の遠慮はありつつ声はかけられるというものですが・・・。この日は赤いボーダーシャツを着させていたのだけど、赤でもだめだったか~(笑)!後ほどゆっくりお返事しますね!
[PR]
by higumake | 2010-06-22 16:51 | 日々のくらし


<< 学者と予言者 家庭教師 >>