冷えとり健康法

ちょっと冷えたな~と思ったら、親子で足湯をして温まっているわが家ですが、それに加えて日々冷えが取れたらいいなとも思いはじめている今日この頃です。

私、やはり冷えていると思うのです。冬は足は冷えているのに顔はほてる冷えのぼえのような状態に時たまなるし、足先の冷えは結構がんこで。それに気持ちの面でも、たまに落ち込むんですよね。それもおそらく冷えのせい。それはよくない。
e0105846_12501552.jpg
そんなとき、実際に「冷えとり」を実践している友だちに、本を借りることができました。さらーと読める楽しいエッセイから、実際の冷えとりファッションの本、そして冷えとり第一人者である進藤先生の、理論やそれによって変わる身体の事がじっくり学べる本の3冊。健康本を貸し借りするようになったら、おばさんへの入口に立ってしまったということかしら~(笑)。

なるほど~たしかに~といろいろ感銘を受け、これらを読んで半身浴等出来ることから少しずつやり始めているのですが、この冷え取り、昨年あたりからいよいよ流行り始めているようで、絹の五本指ソックスなどは現在品薄状態。有難いことに近所に冷え取りショップもあるのですが、そこでも入荷待ちとのこと。だからまだ靴下の重ね履きは試していません。

皆、病院に行くほどではなくても、なんとなくの不調は抱えているのかも。そしてその原因のひとつに冷えもあると分かれば、なんとかしたいと行動に移る人も増えて・・・。

エステや整体やマッサージとかも通えたらいいんだけど、私にとっては贅沢なものだから、家で出来るセルフケアでがんばっていければいいなと思います。それで元気にきれいになれたら一番。負け惜しみもあるだろうけれど(笑)、人任せではその場は良くなっても、しばらくきれいになっても、内面から内側からの元気やきれいは、出てこないじゃないかと思ったりもするのです。

と感じていたら、「ずぼらな青木さんの・・・」の著者も”ここまでやってきて私が思ったのは、人からなにかやってもらってラクに治す(治療院やエステなど)のは、その時は効くけど根本から治っていくのかな、ということです。治ることもあるのだろうけど、私の場合、それはだいたいそぎ落とされていきました。”と書いていました。

確かに痩身エステなんかは、その後の生活習慣も変えていかないと、やっぱりきれいは保てないのと同じで。病気も医者に治してもらおうと思っているうちは、治ってもまた同じ病気になったりするというし。病も不調も身体からのメッセージだと思って、日常や考えを改めてこそ本当に治るのだと、自然療法などの本にはあります。とても厳しい考え方だけれど。

さて、靴下4枚履きを基本とするこの冷え取り。夏はどうする?やぼったくなるのでは?の心配をよそに、むしろこの冷え取りファッションは結構かわいいではないか!これから一部のファッションは見た目だけでなく、より身体にやさしく、機能的なものへ・・・という流れになっていくのかな、と思いました。

しばらくさぼっていたおうちヨガもまた再開したいな~。でもこの間やったら、案の定こっちゃんに邪魔されて、ちーっともリラックスできなかったんだよね・・・、とほほ。

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日

青木 美詠子 / メディアファクトリー


冷えとりガールのスタイルブック (ナチュリラ別冊)

主婦と生活社


新版 万病を治す冷えとり健康法

進藤 義晴 / 農山漁村文化協会


[PR]
by higumake | 2011-03-05 13:45 | 日々のくらし | Comments(8)
Commented by トト at 2011-03-06 02:35 x
私もものすご~く冷えています。足先が特に。
今も湯たんぽに足を乗せながらPCに向かっています。
でも内側から改善していきたいところです。

ご紹介してくださった本、早速図書館で予約してみます!
・・・と思ったら、予約待ち多数で、借りれる前に春が来てしまう(汗)
自分で本屋で見つけてみます(笑)
Commented by Honey at 2011-03-06 09:24 x
おばちゃんな私は、その本3冊のうちの2冊を読んだことあります(笑) 
冷えは良くないです。靴下やマッサージなどの外側の対策も然りだけど、大嫌いだった生姜を積極的に取り入れてみたり、飲み物は常温以上にするなど食事にも年々気を遣うようになっています。
大人になった、というよりは、おばちゃんになったのです。認めます、はい。でも健康って自分だけでなく家族のためにも必要だと思うのでがんばります。楽しみながらできるといいな。
Commented by fukuroom at 2011-03-07 10:08
私も以前通っていた鍼灸院で冷えによる不調を指摘され、以来かなり我流ですが色々試してみています。
完璧にやろうと思うとキリがないので、基本は冷たいものを飲まない(それでも夏は飲みますが…)、お腹周り・くるぶし周辺(ツボが集中してます)を冷やさない、体を冷やす食べ物の摂取に注意する…くらいですが、それでも以前に比べたら体調はいいと思います。
セルフケアは地味ですが、お金をできるだけかけずそれで健康ならいいと思います!どんなに化粧品でお金をかけても、体の中が駄目なら効果半減ですし…。お互い頑張りましょうね~!
Commented by higumake at 2011-03-07 19:28
★トトさん
女性は筋肉量も少ないし、冷えやすいといいますよね。自分は違うと思っていても、大抵の人は冷えているのだとか。私も就寝時はゆたんぽを愛用しています。冷え取り本は確かに人気でなかなか順番がまわってこないんですよね。やはり流行りはじめているのかしらね。
Commented by higumake at 2011-03-07 19:32
★ Honey ちゃんも!さすが同年齢だもんね。なんていうか、昔はいくら食べても太らなかったし、化粧水つけなくても平気なくらいで、元気元気~と思っていたけど、最近は食べれば太るし、冬はかさかさだし、ケアもしてあげないと身体が・・・(苦笑)。
Honey ちゃんのいうとおり、内側からもあっためてあげないとだよね。私も夏でも温かい飲み物だし、ショウガもスープもよく飲んでます。自分の身体って、もう自分だけのものじゃないもんね。うんうん、改めてそういうことを思いました。
Commented by higumake at 2011-03-07 19:40
★ fukuroom さんは以前から気をつけてらっしゃいますものね。東洋系の考えでは、なにはともあれ冷えに注意!ですよね。それはもうしつこいくらいに、冷えはダメと。ほんとうに冷えは万病のもとなんだな~と感じます。でも「首」のつくところは冷やしちゃいけないという人もいれば、首も手首もマフラーやタートルなどで隠さず出しておいた方が毒素が出ていいという人もいて、考え方はいろいろだ~と時に迷ったりも。そういうときは人体実験で、実際試して自分の内なる声を聞くしかないのかな。ああもう、健康話を熱く語るようになったらおばさんですね~(笑)。でも地味なセルフケアをがんばって、いつかぎゃふんと言わせましょうね~(誰を?笑)。
Commented by じぇい at 2011-03-09 09:52 x
靴下重ね履き、シルクのズボン下(レギンス?)、シルクの腹巻、妊婦時代に知り実践してます・・・気が向いたときに(ここがミーハーで飽きっぽい私のダメなところなんだけど)。湯たんぽはfashy、腹巻はあさこさんも以前記事にしていたほぼ日のものがお気に入りです。
どれもとても気持ち良いですー。ただ、靴下は重ね履きして履ける靴がないと出かけるときにいちいち靴下を履き替えなきゃいけなくて面倒です・・・。

結局のところ、快眠快食快便ノンストレスな赤ちゃんを見習えば健康でいられると思うのですが、なかなかそういう訳にいきませーん。夜更かしもおやつも刺激物も知ってしまったオトナなので(笑)。どういう形であれ、自分の身体に興味を持ってあげることがセルフケアの第一歩なのかもしれませんねー。そしていろいろあっても、毎日気分良く過ごすことも大切かな。自分に言い聞かせてみました。
Commented by higumake at 2011-03-10 16:15
★じぇいさん
私は根がいまいちまじめじゃないのか(笑)、やはりやったりやらなかったりです。シャンプーのあとのリンスもめんどくさがる女なので・・・。でもちゃんとメンテしてあげると体調もいいように思う。じぇいさんの言うとおり、まずは自分の身体に興味をもってあげることからですよね!何もしないよりはマシ。今日よりは明日!の気持ちで。ほんと自然のままに生きる健康な赤ちゃんを見習いたいけど、大人の楽しみ(甘いものとか)もやめられない、それもまた人間らしくていいかといつもそんなゆるい感じでやっております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 陶器のドリッパー 勉強しまくる1歳児 >>