まずは知ることから

脱力系反原発アニメーションを見つけました。とても分かりやすく原子力発電のことが学べます。どれも1本が2分前後と短いので、お時間あるときにぜひ!

第一弾は数字のからくりのこと。




第二弾は原子力発電はCO2を出さないって本当?ということについて。




第三弾のテーマは放射性廃棄物です。




第四弾は原発問題の本丸ともいうべき地震について考えます。




第五弾のテーマは津波です。






まずは、良い情報も悪い情報も含めて事実を知ることからはじまると思っています。それが本当なのかウソなのかを見抜くのは難しいし、私が書いたことにだってウソが混じっているかもしれません。最後は自分で感じて、自分の頭で考えて、自分を信じ、自分で決めていくことでしか進んでいかないのでしょうね。

前回原発の記事を書いた後、その思いに変わりはないけれど、気持ちの面では少し変わりました。原発自体は、放射性物質自体は悪くはない、と。むしろ彼らは悲しんでいるんじゃないかとすら感じるようになりました。

問題は手に負えないものを、人が手に入れたつもりでいたことです。だからって今まで散々恩恵を受けてきて、事故を起こしたからって突然非難はできません。そして何かを誰かを非難しても、その現状は変わらないのだから、私は誰も何も非難はしたくないと思っています。

そのうえで気持ちだけ言ってしまうと、いやなのは利権とか人の犠牲の上に成り立っているとかそういうところ。代替の案はあるのに、それを無視して今なお続けているということ。放射能そのもの以上に、原発の裏側にあるものが怖いです。どうやら全てが利権によって繋がっているのですね。これだけの事故をおこしてなお、即刻停止と言えないのか?それは政治家・企業・マスコミ・とある団体(現場作業員をあっせんしている)・地方、これら全てが繋がっていて、一声で収まるような話ではないから。また少し勉強したら、これは現代の闇だな、現代のタブーだなというところを垣間見た気がしました。

私は今原発には「今回のことごめんね。今までがんばってくれてありがとうね。でももうがんばらなくていいよ。ゆっくり眠ってね。もう私たちは起こさないから。」そんな気持ちで祈っています。そして地球自体が生命体だとしたら(私はそう思っているのですが)、原発をどう思っているかな?と想像しています。

昨日子どもたちは何を思ったか、突然録画してあった「風の谷のナウシカ」の映画を見ていました。これは今の状況への黙示録ですね。私はこれから漫画自体を読み返したいと思っています。おっとお昼です。まずはごはんを準備して食べさせなくちゃ!
[PR]
by higumake | 2011-03-31 12:25 | 日々のくらし


<< 新しくなってる! みんなで幸せになりなさい >>