もう「想定外」とは言わせないよ!

連休中に浜岡原発廃止の署名を家族親戚一同でして、そうしたらその数日後に首相が停止要請をして、防潮堤が出来るまでの期間的処置だとしても、まずは一歩一歩だと小さくガッツポーズ。

事故が起きたら、その後の処理や賠償や悲劇がどれだけ膨大なものなのか、私たちは見せ付けられた。それはとても悲しい現実だけと、多くのことを教えてもらっていると思う。

「それでもまだこれから新しく原発を作って運転しようとしている電力会社があったら、事故があったときの処理方法や賠償等々の試算をしっかり出してもらってからにしてほしいよね。事故が起きたらどうなるかを今しっかりと体験し見せてもらっているのだから、これからのことに関してはもう「想定外だった」とは言わせないよね。」と昨晩夫と話していた。とある家族のお茶の間での話題。

「原発をなくすことで経済が今までのように廻らなくなったら困る」という人がいるけれど、もはや「今まで通り」にこだわっていてはいけないんじゃないかな。これから日本の人口だって減る。よって労働人口も減る。いくら効率をアップしたところで、それには限度もある。それより経済成長してないけど幸せじゃない?みたいな新しい価値観を作ることの方が大切な気がします。それがどういうものになるのか?とりあえず電気じゃんじゃん使って、大量生産大量消費ではないことだけは確かではないのかな。

それは価値観を転換することだから、始めはきっとつらいこともあるかもしれない。いわゆる勝ち組な人たちにとってはちょっとさびしいような物足りない世界かもしれない。

これまでは不足を感じてもっともっと!と求め成長してきたと思うけれど(それでここまでになれた!ありがとう!)、きっとこれからこそ足るを知る生き方がたいせつになってくるのだと感じています。小さくまとまって適当に満足するんじゃない。無駄をそぎ落とし、本当に大切なものと必要なものを見極め、幸せのあり方を模索していく、それにも多くの知恵と深い考察が必要なんだと思います。

「断捨離」とか「シンプルに生きる」とか「持たない暮らし」とか・・・そういうことが流行り始めていたのは、これからを見越してのことだったといえるかもしれないよね。

「想定外」に関してなるほどな考察をダンナがしていたので、リンク貼っておきます。
あともひとつ、過去の記事ですが「経済合理性」に関しても、なるほどなつぶやきを書いております。「ブログもうやめたの?」としばしば聞いてしまうほど細々と書いているんだけど(笑)、これが結構いいことも書いているのよ。自”家”自賛ですけどね~。よかったら(いや、ぜひ!笑)よんでみてくださいませ。
[PR]
by higumake | 2011-05-13 10:04 | 日々のくらし | Comments(2)
Commented by momonzou0924 at 2011-05-14 11:56
こんにちは^^
私も連休中に署名をしました!同じタイミングだわっ

明日は、代々木公園から始まるエネルギーシフトパレードに参加して来ます

↑ あさこさんがおっしゃること、本当にそうだと思います
何だか変に慣れてきて、非日常が日常のことかのように感じられてきてしまうことに、危機感を覚える最近です
問題意識を持ち続けていなければなりませんね・・・
Commented by higumake at 2011-05-15 15:00
★ momonzou0924さん、シンクロしましたね!ものすごくうれしいです。こういうのは重い内容なので、なるべく避けたい人もいるだろうし、この先も考えずに行きたい人もいるだろうし・・・。こんな事故になっても未だに「必要」という人が世論で半数以上いる現実に驚愕しつつ、なんだか私ばかりが熱くなっているようにも感じていたのですが違いました。さっそくエネルギーシフトパレードのサイトを見たんです。 momonzouさん含めて、同じ気持ちの人がこんなにいるんだ!とすごくうれしく思いました。第三回目があったら是非行きたいな。教えて下さってありがとうございます。
気持ちも問題意識も、持ち続けていかなきゃですね!思考停止していては、いろいろなことが間に合わなくなるから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 理系・文系・体育会系 おうち弁当 >>