たんじょうびシリーズ2~そうくん編

この週末、土曜日は将棋教室で日曜日は将棋大会と将棋三昧だったそうくんは、今日で11才になりました。誕生日会は家族揃う土曜日に。
e0105846_16535226.jpg
ごはんは子ども受けするハンバーグがメイン。そして子ども受けするものはもれなく、夫受けもするもので。

e0105846_1654143.jpge0105846_1654109.jpg
献立:ハンバーグ茸ソース大根おろし添え、ベビーリーフのサラダ、アボカドとプチトマト、マッシュポテトのグラタン、コーンスープ、玄米ごはん

土曜日は出かける予定だったので、朝そうくんに「誕生日ケーキはかあちゃんが作るのと買ってくるのとどっちがいい?」と聞いたら、「作った・・・あ、いや買ったものでも愛情がこもっていれば・・・」という答えが。愛を食べる人そうくんらしい答えに、こりゃ~作ってやらねばならぬか?と思いましたが、どうにも疲れてしまってその日は「ヴィタメール」のエクレアでお茶を濁し、ケーキは翌日作ってあげました。
e0105846_16565631.jpg
作ったものは、そうくんのリクエストは聞かず、私が作りたい&食べたい(笑)初挑戦のバナナカスタードパイ。レシピは行正り香さんの本。砂糖の量を2,3割カットしましたが、とっても甘くて大満足の食べ応えでした。バナナって甘いのね~!
e0105846_1657510.jpg
カスタードの上にバナナをたっぷり乗せ、その上にクリームをこれまたたっぷり。こういうときはカロリーは気にしないのが鉄則です。

e0105846_16571768.jpge0105846_16572981.jpg
型からはみ出た生地は、伸ばしてシナモンシュガーを振ってくるくる巻き、それを切って焼いてちびクッキーに。これはほとんどこっちゃんに食べられちゃいました。

e0105846_16574057.jpg
たんじょうびおめでとう!かあちゃんはそうくんのことがだいすきなんだよね!



今日は幼稚園時代の友人ママたちとランチをしてきたのですが、5年生にもなると思春期の入り口にさしかかるのかプチ反抗期なのか、言うことを聞かず大変と・・・。どういうことかというと、聞いても答えなかったり、口ごたえしてきたり、謝らなかったり・・・。

しかしそうくんに関してはそういうことが思い当たらず、反抗期がない人間はよくないのでは?という話もありますが、夫もそういうものはなく淡々と早々に自立してしまった人らしいので(それで別に変なひとにはなってないかと)、そうくんもそのタイプなのかな?

今日思わず「そうくんはイライラすることはないの?」「かあちゃんにむかつくことはある?」と聞いたら、朗らかに「ないよ~」との答え。「たまにはイライラすることもあるけど、そんなにはないかな~」と言っていました。今そんなことを指摘してもしょうがない・・・と思っているかもしれないのだけれど。むしろ、むかつくことあるよ、などといって母を怒らせる方が面倒と思っているとか?(笑)

そういう子もいるのね。ただ彼は正義感が強いというか、うまくいえないのだけれど、きちんと対応しないといけないな・・・と思うことはあります。あ、対応間違うとまずいな・・・と。

今は親子としてここにいるけれど、子どもの方が立派なことは多々あります。大人と子どもで違うのは、経験の多さと経済力くらいなもの。でも保護者としてはまだ見守っていかなきゃいけないから、私が間違ってたら私はすぐに子どもに謝りたい。その謙虚さは持っていたいです。縁あって共にいる人間同士としてこれからもよろしくね、と思っています。
[PR]
by higumake | 2011-06-13 20:48 | ごはん


<< 今日のようぴ なにをたべるのですかー東城先生... >>