ミツバチの羽音と地球の回転

久しぶりに映画を見て来ました。時間をつぶさなければいけない日があって、なにかないかな・・・と不純な動機で行ったのですが・・・

舞台の一つである山口県にある祝島、その最後の楽園のような場所に降ってきた切実な問題に、すぐに正座をして観たい気持ちになりました。やるせない現実に、気づけば涙も流れてしまうのだけど、空調の利いた快適な映画館で、ただ泣いているだけでは申し訳ない気がしました。この現実をただ悲しい物語になんて貶めたくない。



山口県上関原発の建設現場と、エネルギー先進国ともいえるスウェーデンの政策についてのドキュメンタリーです。この監督さんの前作「六ヶ所村ラブソディ」には原発反対派も賛成派も出てくるようなのですが、今回は反対派の視線のみ。この民主主義の成熟しているはずの日本で、話し合うということすら拒否し、圧倒的な力と強引な理論を振りかざし、思考停止しているとしか思えない人たちの意見など、もう聞くに及ばないのかもしれない・・・。だって原発を勧めたい人たちの意見はたとえばこう。

「第一次産業だけで食べていけると思っているの?」

え?じゃ、あんたらは何食べているの?農業、漁業他そういう人たちの作ったくれたものを食べて、人もまた生きているのにね。

「雇用も生まれるし、もっと豊かにしてあげるのに。”たかがそんな生活”のために、妨害するようなことしてはずかしくないの?」

この豊かな海や土地、そしてそこで暮らしを営んでいる人間らしい人たちがなによりもの豊かさなのでは?確かに島は高齢化しているし、人口だって減っていってる。主な産業は農業と漁業で、確かにお金はないかもしれない。でもちゃんと自立した暮らしがそこにはあって、「強いもの」の理論がすべて正しいわけではない。何が「豊か」なのか?ということ。

そして社会の一番の基本は、働いて食べていくこと。大きな社会もそんな小さな生活の営みが土台になっている。この社会すべて「たかがそんな生活」の集まりなのでは?「たかがそんな生活」をみんな死ぬまで生きているわけでしょ。

言ってしまえば、この資本主義だって近々どうなるか分からない。そうなったときに誰が強いか、って自給自足できる人たちだよね。お金がお金を産む、そんな仕事のもろさの方を私は心配します。

まだまだ知らない現実がたくさんありました。今となっては、知らないでいたことも罪のように感じてしまいます。

e0105846_1527255.gif 
「ミツバチの羽音と地球の回転」

まだ公開中なので、この問題を自分のこととして考えられる方は見た方がいいです!こんな状況でも島の元気(すぎる!)なおばちゃんたちはユーモアを忘れてなくて、本当の強さを見た気がしました。私もあんなおばちゃんたちになりたい!なのでお時間取れる方はぜひ~。



こういう重いテーマは、面等なモノをなるべく考えたくない人にとっては避けたいものだと思います。自分の身に直接降りかかってないのならなおさら。

でも狭い日本、今はもう関東以西だってあやしい。一部地域は既に東京よりも高い放射線量なので、避難すると本末転倒になるという話も。沖縄に至っては隣国の影響もあるし、大きく報道されないので耳に入ることもないでしょうが、世界でも大小の原発事故がここへきて多発しています。日本以外だって、他人事ではない。

それでもなお、地域復興や経済成長のためにはやめられないのでは?などと言っている人のことは、正直私にはもうわからないのです。

そして同じ人間同士なのに、どうしてこんなに対立しなきゃいけないんだろうと悲しくなります。

安全でないエネルギーに頼っている限り、この小さいけれど確かな幸せがある生活も危ないってことではないのかな?絶対の安全などないわけで、実際あんなことになっている。石油だっていつまで買い続けられるか分からない。

しかも生きていくためには原発しかないってわけじゃなくて、むしろ持続可能なもっと良いエネルギーがあるのになぜ転換できないんだろう?と不思議でしょうがないのです。原発か江戸時代に戻るかではないのだから、ちっとも絶望することもない。映画ではその未来のエネルギーに舵を切って、実際うまく回っている国も見せてくれている。スウェーデンは原発どころか(1980年に国民投票で脱原発を決めた)、2020年には石油にも依存しない国になると宣言しちゃってる。希望いっぱい。

同じ人間なのに古いシステムを潔く手放す勇気を持てる者もいれば、同じ人間なのにいつまでも変化を恐れ、古いシステムにしがみついている者もいる。今この時の私たちの選択が未来を決めるとしたら、私たちの未来はどんなものになっているのだろう?まだ間に合いますように・・・。福島原発だって、もう再臨界しているのでしょ?

と書いていたら、うれしいニュースも入ってきました。上関原発予定地の埋め立て免許の延長は認めないと山口県知事が表明したそうです。

映画の中で原発反対のリーダーが言っていたんです。「島の人たちだけで計画をつぶすことはできん。だけど引き延ばすことはできる。その間に社会情勢が変わって原発はだめだという世論形成ができればいい」と。

今日は脱原発の提言を掲げた東電株主たちの総会もあるようなので、大いに注目です。

この世の中は「私たちの思い」で出来ている。だから、希望をもって新しい世界をイメージすることが大切だと思います。そうして世界が少しずつでもよくなっていくと信じていきたい。長々とお付き合いありがとうございました。
[PR]
by higumake | 2011-06-28 08:20 | 日々のくらし


<< 三国志のりゅうび きいろいワンピース >>