おやつはおやき!

ずっと興味があった手づくりおやき。雑誌で作り方を見かけた時は、これなら気軽に作れそう!と思っていたのに、メモするのを忘れ、ちっとも気軽には作れておらず・・・。しかしこの日は甘くないおやつが無性に食べたくて、そうだ!と思い立って挑戦してみました。

e0105846_1951253.jpg
なんでもそういうものだけれど、やってみれば簡単!小麦粉なんて常備してあるし、中身も冷蔵庫にあるものにちょっと手をかければオーケー。なぜ今まで作らなかったのかと首をかしげるばかりです。しかも、子どもらもおいしいとぺろり。お菓子だときりがないし、こんなお腹にたまるおやつがいい感じです。

e0105846_19515053.jpge0105846_1952518.jpge0105846_1952162.jpg
こっちゃんは茄子の味噌炒め入りの方をいたく気に入っていました。ふだんナスは苦手な癖にこれは例外なのか。

e0105846_1957112.jpgではさっそく作り方です。いろいろレシピはあるようだけれど、スーパーのちらしにのっていたものをアレンジしてみました。これでおやき5~6個分作れます。

中力粉(なければ薄力粉、私は地粉使用)100gに
砂糖小さじ1、塩ひとつまみを混ぜ、
菜種油小さじ1、水50~60ccを加えてこねる。60だとちょっとべたつく。しばらくこねていけば大丈夫。

e0105846_1958829.jpge0105846_19581994.jpg
カボチャは加熱して(※いつも私は厚手の鍋に1センチくらいの水を入れ蒸し煮しています)、適当な量をマッシュし、甘味が足りなければハチミツやメープルシロップで甘味をつける。

e0105846_19585638.jpge0105846_1959581.jpg
ナス1本は半分に切ってから斜め薄切りにし、フライパンに少量のごま油を入れて炒める。全体的に火が通ったら、味噌大さじ半分とてんんさい糖(砂糖でも)小さじ1を水少々で練ったものを入れ、炒め合わせる。私はニラと白ゴマも入れてみた。

e0105846_19572645.jpg少し寝かした生地を5~6等分し、
うち粉をしながら円形にのばし、
具を乗せて丸く包む。
カボチャ餡の方には黒ゴマをつけて目印を。

e0105846_19592888.jpge0105846_19594180.jpg
フライパンに油少しを熱し、おやきを並べ焼き色が付いたら裏返す。そこに水50ccを投入し、蓋をして水分がなくなるまで蒸し焼きしたら完成。

e0105846_200447.jpge0105846_2142232.jpge0105846_2143439.jpg
よくデパートの物産コーナーなんかで実演していたり、駅構内で売られていたりする長野の郷土料理であるおやき。子どもの頃、いろいろな種類の中から母親が選ばせてくれたものを買ってくれて、子ども心にうれしかった&おいしかった記憶が残っています。中身はピリ辛の高菜だったり、きんぴらなんかもあったし、あんこのものも。なんでもあり、みたいですね。

一度作ったら一気に敷居が下がったので、これからは当初の気持ち通り、気軽にささっと作っていきたいと思います。

[PR]
by higumake | 2011-09-03 20:32 | レシピ


<< 生中継ではないのです。 ごはん日記~7月後半編 >>