家出でリフレッシュ、そして健康話

e0105846_10115227.jpg土曜日は私を一人放し飼い(笑)にしてくれることになった。いわゆる公認家出の日。ずっと一人になりたかったので、外は多雨であろうともうれしいフリーデーです。

というわけでぷらり吉祥寺へ。こんな雨でも人がたくさんいてびっくり。ついたのがお昼頃だったので、まずはマクロビオティックレストランである「base cafe」へ。普段こどもと一緒でついついあわただしく終わらせてしまうごはんも一人ならもぐもぐ・・・ゆっくり食べられてそれだけでも満足。それがおいしいマクロビごはんならなおさら、しみじみおいしかったのでした。

お昼の選べる定食。メインはたかきびの蓮根はさみ揚げ、サブおかずはごぼうとひじきと春菊の胡桃味噌和え、野菜の味噌汁、玄米ご飯、ポットでサービスされる暖かい番茶。家でも作って家族に食べさせたいな。

このあとはぷらぷらと、10%オフ中の無印良品でこっちゃんのボーダーワンピ(例のものが3割引きの更に10%オフになって100センチのネイビーをゲット!)やタイツを買ったり、「ギャラリーフェブ」では「かえる食堂」の展示だったのでそれをみたり、あとはひたすら街歩きウインドーショッピング。最後にフランスパンと、家族に(といいつつ自分も食べたい)ケーキを買って帰りました。

e0105846_1122334.jpgこういう日があるだけでものすごくリフレッシュできたのだけど、快方に向かいつつあった耳が若干悪化してしまいちょっと反省。やはり冷えがよくないのだろうなあ。

以前「なんか変」と言っていた私の耳、一週間経っても治らずで。普段病院と言えば検診かコンタクトレンズ処方にしか行かないような私が、病院に行くと言うだけでおおごとだし、これで病名でもついたら家族もいたわってくれるくれるだろう・・・という下心を持ちつつ病院に行ったら、突発性難聴とは言われなかったのだけど、突然起きる難聴であるには違いないという驚きの診断で、これはゆっくり休むしかないんだよ~といううれしい?助言をもらい、大手を振って最小限家事で済ましている今日この頃でした。(日常会話では使わない低音域の音で聞こえが悪くなっていた。それで耳が気圧に押されているような感覚になっているのだろうとのこと。あとで調べたら、急性低音障害型感音難聴というものなのかな?ストレスなどが原因でなりやすく、30代の女性に多いらしい。)

その後「冷え取り」の本を読んでいたら、季節の変わり目はいろいろな症状がやはり出やすい、でもそれがいきなり五臓六腑に出てしまうのは身体的に致命的なので、その肩代わりとして、咳や鼻水になったり、肩コリやぎっくり腰、またある人は皮膚に出たり耳に出たりするのだと。

今回は冬の土用、11月8日の前2週間くらいがその時期らしく、私の耳がおかしくなったのはまさにその時期。なるほどね。というわけでこれを期に養生も学んでいます。コメント欄にも書いたりしていたけれど、アラフォーともなると会話に健康話が増えしょぼいね(笑)。しかしながら冷えはまさに万病のもと。皆さまもお気を付け下さいね。

e0105846_11221669.jpg甘いケーキ・・・冷えには良くないんだけどね・・・。この日選んだのはタルト屋さんだったが、こっちゃんには(一番安かった)プリンを。琺瑯カップに入っているので、食べた後はこっちゃん専用コップになりました。割れなくてちょうどいいし、小ぶりですごくかわいい。今も食器棚から自分で出して喜んで使っています。

調べたら「ア・ラ・カンパーニュ」というお店。「キルフェボン」を彷彿させるケーキで、こっちもうまい?と家族は気に入っていました。
[PR]
by higumake | 2011-11-21 12:55 | 日々のくらし


<< ごはん日記~たかきびの蓮根挟み揚げ 皇居東御苑へ >>