こんまり流ときめき整理収納法

先日の『金スマ』でやっていた年末大掃除の特集。今、旬の近藤麻理恵さんのレクチャーだったので、思わず携帯でメモを取りながら見てしまいました。それをブログに転送!

すべてのものに共通する方法
まずは一カ所に集める → ときめくものだけを残す

捨てるものを選ぶのではない。残すものだけを選び出す。
これとこれからもずっと一緒に生活していきたいか?
これを着て恋人に会いに行けるか?
はじめは時間がかかってもいい。自分がどういうものを愛し残していきたいかという、ときめきの感覚を身に付けていく。それが分かってくると選別がとても速くなる。

捨てるのは心苦しいもの。本当に必要としているひとに譲るのはいいが、漠然と誰かにあげようと取っておくのはNG。捨てるものへの後ろめたさを人に押し付けるだけ。ときめかないけど、捨てるのが心苦しいときは、ぎゅっと抱きしめ「ありがとう」と言ってお別れする。どんなものも縁があったから自分のところに来た。今までありがとうと・・・。そしてお別れした物の分、残したものを大切にできる。

片づけの順番
1:洋服
部屋着としてとっておこうなどというのはNG。

2:本
捨てることでそのものへの情熱の度合いがわかる。
無駄遣いがなくなる。

3:書類
書類は全捨て前提
今使っている
しばらく必要
ずっととっておく

の3種類以外はすべて捨てる。

4:小物類
用途不明のコード類は全部捨て
・・・いつか必要になるかもと取っておいたところで、必要になったときには思い付かない。

5:思い出の品は最後

片付ける前に理想の暮らしを想像する
空間は過去ではなく未来のために使うもの
ぬいぐるみは目隠しし、白い紙袋にいれて供養する気持ちで捨てると良い。
実家を物の墓場にしない


リバウンドしない収納法
★押し入れは部屋だと思って収納する
★大量ストックは立てて収納する
★柔らかい素材は丸めて収納する
★服は長方形になるまで畳む。自立できるように畳み、これも立てて収納する
★靴下も畳んで立てる

このあたりで夫が帰宅し、メモは取れず。
でもこの手の番組を見たり、本を読んだりすると俄然やる気がでますね。
というわけで、現在片づけの神様がわが家に来ております!

本はこちら。


[PR]
by higumake | 2011-12-20 23:15 | 日々のくらし | Comments(2)
Commented by じぇい at 2011-12-24 07:54 x
あさこさん!私も、こんまり先生ブームです。金スマ見まくり!
教えの通りには到底できてないけど、ときめきマインドを叩き込んでます。
本、読み終わってるので、良かったらお譲り(または無期限でお貸し)しますよー。
Commented by higumake at 2011-12-24 15:27
★じぇいさん、こちらにもありがとう!私も金スマみまくりでした!そして教えの通りにはできないのも同じ・・・「本や服をとりあえず一か所に全部出す」がおそろしくてできず、もう見ない着ないのだけピックアップして終わりました。
そしてそして!例の本、譲っていただけちゃうのですか!!!!!!図書館で予約しようとしたら700超人待ちで、それでも予約すべきなのか迷い、そのまま思考がフリーズしたままでした。あとでメールさせてください!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ごはん会~持って行ったもの覚書... 親子忘年会の準備中なう >>