お花見弁当

e0105846_10494562.jpg今日はまさにお花見日和!桜も満開でした。

両親&弟家族と、実家の近くにあるお寺のお墓参りの後、史跡公園でお花見をしてきました。母が作り、私がお重に詰めたお花見弁当はこんな感じに。おせちとはまた違った春らしいお弁当です。

一段目は、菜の花のお浸し、蓮根の煮物、、ソラマメ、スナップえんどう、アジから揚げのマリネ。
二段目は、筍の煮物、ウドとふきのとうの煮物、そして春らしいごはん。
三段目、そのごはんとは桜ごはんのこと。薄く切ったタコをさっと煮て、茶飯と合わせたタコ飯なんだけど、その薄桃色のタコを桜の花びらに見立て「桜ごはん」と呼ぶなんて、ちょっとしゃれているではないですか。

それと中身を急いで詰めて慌てて出発したので写真にとり忘れましたが、奥の遊山箱に入っているのはフルーツいろいろです。あとなぜかかまぼこ!
桜ごはんはこちらの本を参考にしたようです。

おいしい江戸ごはん

江原 絢子 / コモンズ


e0105846_18444112.jpgお寺さんでは花まつりが開かれていました。



[PR]
by higumake | 2012-04-08 23:21 | お弁当


<< 今日も桜は満開です。 たべること~「公害を流す食べも... >>