のんびり東京散歩~上野動物園~秋葉原・御徒町

本格的な冬を前に只今お散歩シーズンなので、その話も溜まっています。パンダ好きこっちゃんに、本物のパンダを見せてあげよう!と思い立って、上野の動物園にも行ってきました。

e0105846_1153497.jpge0105846_1151964.jpge0105846_1154788.jpg
夫が入園券を買っている間に、私は正門横の「桜木亭」で、名物パンダ焼きを買いました。ひとつが結構大きい。
e0105846_9273472.jpg
             そして ぱんだ、いたよ~!

e0105846_928627.jpge0105846_928350.jpge0105846_9283146.jpg
ライオンやトラがいる辺りは、トイレや水飲み場もおもしろい形をしています。

e0105846_9501539.jpge0105846_9505053.jpg

e0105846_9505644.jpg
一通り見て、その日は西園へは行かず、次の場所へ。上野公園内には、願い事が書かれた短冊がたくさん、風になびいていました。

e0105846_9551229.jpgこの日は結構暑い日でして、上野の甘味処と言えば!の「みはし」にて、正統派クリームあんみつを頂きながらちょっと休憩。お散歩はおやつも楽しみのひとつです。
お腹も満たされたところで、アメ横を冷やかしつつ向かうは御徒町駅の更に向こう、山手線の高架下に突如現れる「2k540 AKI-OKA ARTISAN」です。

e0105846_9554731.jpg
もともと御徒町周辺は、江戸の文化を伝える伝統工芸職人の街。現在もジュエリーや皮製品を扱うお店が数多くあり、職人の街の印象を残しています。

そこへきて昨今、東京の東エリアが熱く、センスのいいギャラリーや工房、カフェ、ショップなどが東エリアに移りはじめています。この流れを背景に「ものづくり」をテーマとした施設がこちらに作られたというわけらしい。工房とショップがひとつになったスタイル、ここでしか買えない商品、ものづくりの体験が出来るワークショップなど、さまざまな個性あふれるお店が集まっています。

でも印象としてはどうなのかな。ちょっとまだ洗練されていない感じもしました。でも伝統工芸のお店で、鹿児島の職人さんが作っている竹のへらなどを買ってみました。

ちなみに・・・
「2k540」とは鉄道用語。東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示します。当該施設は2k540m付近にあるため「2k540」とした。
「AKI-OKA」とは秋葉原駅(AKIHABARA)と御徒町駅(OKACHIMACHI)の頭文字。
「ARTISAN」とはフランス語で「職人」を意味しています。


e0105846_956920.jpge0105846_9562753.jpg

e0105846_1052945.jpgこちら「日本百貨店」では名前の如く、全国各地の名産や雑貨が揃っていて、見ているだけでも楽しかったです。

e0105846_1054096.jpg
この日ほんとはもうひとつ「アーツ千代田3331」と言うところにも行きたかったんだけどね。こっちゃんがもう歩かない感じだったので(↑上の図)、ここでアウト、帰路につきました。「アーツ千代田」は元中学校をリノベーションして作られた所で、いろいろなアーティストやクリエーターたちが自由に表現を発信する場。元教室だった場所でイベントや展覧会がなされていたり、一階にはカフェスペースもあったり、ちょっと楽しそうでしょ。また機会があれば、行ってみたいと思います。
[PR]
by higumake | 2012-11-07 09:03 | 日々のくらし


<< 今日はお弁当3個 のんびり東京散歩~池袋→椎名町 >>