与えたものが与えられる

疲れきっていた今年の一月・・・私の新年の抱負はこうでした。

1、自分を一番大事にする。
1、自分にも人にもやさしく。
1、丁寧に暮らそうとか思わない。
1、迷ったら楽しそうな方を選ぶ。
1、いい人になろうとしない。
1、いらないものはいつでも捨てる。
1、いろいろなことにこだわらない。
1、この一年生きていたらそれだけで偉い。

で、問題はこの抱負をいつも最後までちゃんと覚えていられないってことなんですが、今年もさっそく「いいひとになろうとしない」というのを忘れ、小学校では行事委員に立候補している私です。

去年小学校では学級委員をやったから、今後委員はやらなくてもいいのですが、お世話になってる学校だし、担任の先生にはそうくんのときに散々お世話になったし、誰も手を上げずクラスが気まずいスタートを切るくらいなら、私が気持ちよく手を上げます!という気分になって・・・。

でも蓋を開けてみたら行事委員、同じ学年は知り合いばかり。しかもめちゃめちゃいいひとたちばかり!ちょっとうれしかったのでした。

さっそく委員会活動もあったり、そして今日はPTA総会の日。しかもそこで、前に出るのが苦手な私が議長なんかもやることに。友だちと一緒に。議長と言えどもセリフは決まっている、じゃなかった(笑)、ちゃんと台本があるので難しいことはないのですが。私も随分出世した??(笑)

e0105846_1346531.jpg話はちょっと逸れ、これからの世を気持ちよくうまく生きていくには、「いいひと」であることが得策かと!詳しくは下に紹介する本にあるので、興味のあるひとはぜひ読んでみてください。新しい時代の新しい在り方のひとつの参考になると思います。

私もやっぱりそうだよな・・・とこの戦略には背中を押してもらったので、これからは気持ちよく人に与える人でいるんだ~と思っていると実家の母とも話していたのですが、このあと寄った店で、会計後に引かせてもらった今日のお言葉くじというものには、この一文がありました。

「わたしが与えるものは、すべてわたし自身に与えられます。」

おお、そういうことね~、合点!メッセージは(忘れないように)自分の手帳に貼っておきました。

子どもたちが引いたくじにも、それぞれの子へのメッセージがちゃんと記されていました。こっちゃんのは「失敗してもいいんだよ」という内容だったしね。神様ってちゃんと見てるんだね。

では総会に行ってまいります。

超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略

岡田 斗司夫 / マガジンハウス


参考文献はこちら。元は夫が図書館で借りてきて、その後私も読みました。ひぐま家は今後、基本「いいひと戦略」で生きていきます。
[PR]
by higumake | 2013-05-13 14:09 | 日々のくらし


<< おやつ日記~おやつっていうか・・・ のんびり東京散歩~奥多摩に行っ... >>