使用には差し支えないB級品

e0105846_137277.jpg・・・ってか、私の不注意で割りました!

コーヒーを入れるのは夫の仕事なので、これは夫のものなのだけど、洗う時に手を滑らせてガチャっと。割ってしまったことを素直に謝ったところ、「あ、ぜんぜんいいよ」と夫はあっさり。

いや、ぜんぜんいいわけはないと思うんだけど、確かにわざとしたことではないのだけど、こういうとき夫は全く怒らない。そして私は怒られないからこそ、ごめんなさいと素直に思うし、もうちょっと丁寧に扱おうと、しおらしく反省しているような気がしました。

これって夫婦間のことだけじゃなくて、他人にも、子どもに対しても言えることだろうな。しょうがないよ、いいよ、むしろ大丈夫?と、自分の不注意でやってしまったことを責められないと、無駄な反発もしないし、むしろ反省するよね。そんなことを改めて思ったのでした。

e0105846_13221745.jpgが、しかーし、これはかつて夫がやってしまった失敗。夫が出したアイロンにこっちゃんが電源をつないでしまい、リビングの目立つ場所にアイロンの焦げ目が。

これだって言ってみりゃ使用にはさしつかえないことなんだけど、リビングの床だよ、見た目も重要でしょう~と、この事実を知った私は大いに夫を叱責したのだった。「やっていいミスとやっちゃいけないミスがあるんだ!」と。しかも子どもと一緒にいてアイロン放置は危ないしさ。

アイロンに触った程度のヤケドなら直るけど、床のやけどはなおらないじゃん・・・と、そんなことまで心の中で思っていた私は、ほんと器小さっ!懐浅っ!

「誰もやけどしなくてよかった!よかった!」とにっこりできる人間には程遠いのでした(苦笑)。

ささ、幼稚園のお迎えに行ってきます~。
[PR]
by higumake | 2013-11-13 13:35 | 日々のくらし


<< それ振り回して喜んでる 男子の... ひぐま手芸部活動記録~ペンケース >>