ごはん日記~涙のグリンピースごはん

木曜日は午前中仕事の打ち合わせに行って、あわてて帰って小学校の参観。
その後は6年生最後の保護者会。
参観は一年間を振り返るビデオ上映や6年生による踊り、そして合奏。
少し遅れてしまって、到着した時に丁度合奏が始まるところで、
聞いて2秒で泣きました・・・。
なんでも「最後の」がつく6年生の3月。
その後の保護者会では先生も泣き、涙涙な会だった。
e0105846_15572364.jpg
終わっても名残惜しくて、なかなか帰れない母たち。
これで兄弟すべての子が小学校を出るというような友達は
「母こそ寂しい。小学校時代までが一番「お母さん」だと思うもん」と。
ほんとうにそう。

2歳違いのきょうだいは多いから、この学年での母友達は、
上のそうくんの学年でも付き合いのある母たちが多い。
その母友が「帰ってきたね」というので、なんのことか全くわからずにいたら、
今、中学校のスキー教室に行ってる中二たちのことらしい。

ええええ~!

わたし、大いに勘違い。帰ってくるのは翌日金曜日だと思っていて、
夫にも、「そうくん?金曜日に帰ってくるよ」と朝も伝えていたのだった。
あとで友達に別件でメールしたときに、
「実は私、息子が帰ってくる日を間違えていました。」と告白したら、
「やっぱり?さっききょとんとしていたから!」と指摘されてしまった。

というわけで、一日早く帰ってきたそうくん。
(別にそうくんは一日早く帰ってきたわけではない。)
スキーは楽しかったようで、ケガもなくよかったよかった。
この数日は手抜きごはんだったから、この日はちょっと丁寧に作りました。

献立:肩ロース肉の味噌漬け焼き、ポテトサラダ、千切りキャベツ、豆ごはん、もやしの味噌汁


そして今日は今日で、幼稚園の役員たちの納会。
母たちが○○ちゃんの母ではなく、ひとりの○○さんとして活動してきた会の解散は
笑いありつつのやっぱり涙涙なもので、ある意味母たちの卒業式のような
寂しくもすがすがしいものだったのでした。


iPhoneから送信
[PR]
by higumake | 2015-03-06 20:13 | 日々のくらし


<< ようぴからのてがみ 気づけば終わっていたひな祭り >>