塾弁デビュー!

中二から塾生活が始まったそうくん。
普段は19時過ぎからなので、お弁当も必要なかったのですが、
この春期講習からお弁当が必要になり、私もついに塾弁デビュー!
e0105846_15245755.jpg
休憩時間はそれほど短くはないようですが、
ささっと食べられるものがいいようなので、
凝ったものは作りません(言い訳)。
帰宅後にまた夕飯を食べるので、ボリュームも必要なし。
満腹で眠くならない程度の量に抑えています。

というわけで、この日はマーボー豆腐丼。
のらぼう菜添え。
e0105846_15245781.jpg
小さ目おにぎりと、具だくさん豚汁はサーモスの保温ポットに入れて熱々を。
e0105846_15245735.jpg
お赤飯とシシャモのフライ、茹で卵、切り干し大根の煮物(常備菜)。
e0105846_15245783.jpg
話題のおにぎらず。
中身はランチョンミートと薄焼き卵。
右のやつ、切る方向を間違えた。
e0105846_15245881.jpg
またお赤飯のおにぎりと卵焼き、キュウリのハム巻き、プチトマト。
↑やる気なくなってきた。冷蔵庫にモノもなかった。

そしてついに、6日目の本日。
そうくん御用達のパンやさんで、惣菜パンを買いました。
そうくんは「たまにはそういうのがいい」とむしろ喜んでいました。

こどももがんばっているのだから、親もがんばらなきゃ!!
とは考えなくていいのかもしれない。
子どもは親の思いをそんなに毎回いろいろは感じてはいないはずで、
子どもに対して必要以上に申し訳なく思ったり、
自分でハードルを上げてしまっているのが、親なんじゃないかなあ、と。

というわけで、
お母さんもそこそこ忙しいわけでして、
続けられる程度にゆるーくがんばる、
その姿勢が大切なのではないかと思います(・・・正当化!)。



パパッと塾弁 (講談社のお料理BOOK)

上田 淳子/講談社

undefined


ブックオフでこちらの本を見つけ、参考図書として購入。対象は中学受験用の小学生ですが、中学生の場合は量を増やすなりすればよし。考え方などがとても参考になります。この方の本は、そうくん&ようぴ幼稚園時代に大変お世話になりました。キャラ弁の流行っていた中で、このくらいシンプルでいいのね、むしろいいのね、ととても肩の荷が下りたことを思い出します。

[PR]
by higumake | 2015-04-01 12:00 | お弁当


<< ごはん日記~そぼろ丼 花見3日目! >>