「生命大躍進展」へ

上野の国立科学博物館でやっている「大アマゾン展」の評判がとてもよかったので、
行きたいな~と調べたら、もうとーっくに終わってるし!6月に終わってるし!!
と、今やっている「生命大躍進展」もおもしろそう、ということで行ってきました。

e0105846_16305210.jpg

化石あり、標本あり、CG映像ありで、こっちゃんも楽しめました。
大人は、初めて陸に上がった生物や、初めて胎盤を持った生物などの話に興奮。
私たちが子どもの頃にはわかっていなかったことが、今になっていろいろわかってきている。
まさに科学は進歩していることも実感できます。
その一方、まだまだわかっていないこともたくさんあるのだな、ということも。

欲を言えば、一部の生物が胎盤を持ち始めた頃の様子も詳しく知りたかった。
最初は突然変異として出てきたのだろうから、
その変わり目の時代は、子を卵で産む個体と胎児として生む個体が
混在していたのかなあと考えるとおもしろい。
「へー、あなたはまだ卵で産んでいるんだ?私はいきなり子を生むわよ?」
ってことがあるわけよね???

そして生物は今までに絶滅の危機に5回ほど遭遇いるようなのですが、
それでも生き延びてきた生き物がどんなものだったのか、
どのようにして生き延びたのか、とても気になります。


e0105846_16305263.jpg

かわいすぎる!
まさに王蟲の幼虫。


e0105846_16305240.jpg

上記の特別展だけではなく、常設展もとてもレベルが高いです。
科学博物館いい!おもしろい!
今度は常設展だけをじっくり見に行きたいです(私が!)


[PR]
by higumake | 2015-08-03 00:00 | 日々のくらし


<< 夏はぬいぐるみも、オムツはずし! 狭山茶オンリー >>