読書日記~「魂の退社」

最近、ほとんど本が読めておらず反省なのですが、
久しぶりに読んでみたいと思った本です。
元朝日新聞編集委員、稲垣えみ子さんの「魂の退社」。

e0105846_1121572.jpg

日本にとっての会社ってなんだろう?
仕事ってなんだろう?
そもそも幸せってなんだろう?ということまで、
楽しい文章で一気に読ませてくれ、そして考えさせられました。





私の場合は、妊娠出産で会社員はやめ、子育てに専念することを選びました。
先輩には出産後も働いている人がいなくてイメージがわかなかった
ということもありましたが、、私自身がそうしたかったからです。

そして実際、子どもたちとの生活は
バタバタではあったけれど、ほんとうに楽しく、
今その頃を想い返しても、キラキラ輝いていて幸せな時間だったな~と思います。

その一方で、退社後はたまに働いても、夫のようには到底稼げない。残業もできない。
子どもたちの長期休みに入ると、そもそも家事育児でいっぱい。
子育ても家仕事も大事と言われ、そうだよなと納得もし、でも
家のことを頑張っても、
園や学校のために、役員として無報酬で走り回っても
主婦なんだからそのくらいやって当たり前と言われたこともあります。
お暇でしょ、とも。
地域や子どもたちのために無給でがんばっているのにな、としょんぼり。

そんな中で自画自賛し自らのテンションを上げるという技を見つけ駆使するも
やはりたまにむなしい・・・とその繰り返しで。

でも日本を支えているのは、
当たり前ながら会社員だけではないのです。

自営の人、フリーランスの人のみならず、
事情があって働けない人も、
毎日元気に遊んでいる園児も、
日々学ぶ生徒や学生も、
家で家事や子育てを頑張っている主婦も、
仕事などからリタイヤしたご年配の方々も、
とにかくすべての人が、
毎日生活を営んで、物を買って、サービスを受けて、
誰かを励まして、人を助けて、日本を支えている。
支え合っている。

そして仕事とは

「突き詰めて言えば、会社に入ることでも、お金をもらうことでもないと思うのです。」
(『魂の退社』より)
に続く、彼女なりの仕事感がとても本質的なものに感じ、
非常に共感を覚えて、私はとても救われました。
つまりそういうことだよね!と。

会社員もそうでない人も、ちょっと立ち止まって、
仕事や幸せについて、しばし考えるきっかけになりそうです。

余談ですが、私も節電しようかな。


[PR]
by higumake | 2016-06-22 00:00 | 日々のくらし


<< おめでとうケーキ こどものフラワーアレンジ教室 >>