もっと気軽に伝えてもいいのかもしれない。

初めて行った病院はとてもきれいで、待合室が広くて、よって患者さんも多くて、
中で働いている看護師さんや検査技師さんも大勢いて、とても忙しそうにしていました。
でも診察前の看護師さんによる問診では、
丁寧に話を聞いてくれて、とても感じがよかったです。

e0105846_1950748.jpg

その中でも一人の看護師さんが、気を利かせ、本来なら中3日はかかる検査結果を、
専門医がくる日までになんとか超特急で返却してもらえないかと分析会社にお願いし、
「そして間に合いそうだから!土曜日の診察こられる?よかった!
院長先生でも見ることはできるけれど、
私は専門の先生に診てもらったほうがいいと思うのよ」
と自分のことのように喜んで連絡をくださったのでした。

その日は、連絡をくださった看護師さんもいらして
その後再びの採血も担当してくれたので、その時に
この度はいろいろ動いてくれたこと、
検査会社にかけあって間に合わせてくれたこと、
だからこうして今日、専門の先生に診てもらえたこと、
その感謝のありがとうと、心遣いがうれしかったということをお伝えしたら
その看護師さん、私より少し若いくらいの方かな、
でもこの病院ではベテランといった感じなのに
その場で涙を溜めてはらはらと泣いてしまった・・・。
「そんなこと、今まで言われたことがなかったです・・・」と。
えええ~~~~泣かしちゃったのか~~~~!?とオロオロいっしょに泣く私(^-^)

そして「つらいのは患者さんの方なのに、
そんな風におっしゃっていただけて、私の方がうれしいです。
こういう小さい病院は、小回りを効かせることができるのがメリットじゃない?
だからここで動かなくていつ動く、ってそう思ったのよ」
というようなことを話してくれました。

医者や看護師の仕事なんて、誰がどこからどう見たって人を助ける仕事です。
しかも彼らは直接、体調が悪くて困っている人を目の前で助けることができる。
そういう人たちが今まで、「ありがとう」なんて言われたことがないです
なんて、おかしいじゃないかと思いました。

仕事なんだからやってあたりまえ?
お金払ったんだからやってもらって当然?

体調悪い→病院へ行く→診てもらう→何かしてもらう
それで私達は窓口で診察費を払います。
でもお客様(この場合は患者だって)は神様じゃない。
これもまた当たり前のこととして、当たり前に享受して
それでおしまいにしてはいけない気がしました。

もっと、ふつうに、それこそこっちは当たり前に
いろいろな場所で、いろいろな人に
「ありがとう」を口に出して伝えていった方が
世界は確実に今より温かなものになるんじゃないかなあ、と。

だから
「ありがとう」なんて言葉は、わざわざ口に出して
もっと気軽に伝えてもいいのかもしれない
と思ったのでした。

[PR]
by higumake | 2016-11-16 10:00 | 日々のくらし


<< 几帳面なかき揚げ しろくまちゃんのホットケーキ >>