時限装置

「家電には寿命が設定されている」という都市伝説。
それ、ほんとうなんじゃないか???とかなり疑っています。

e0105846_1725595.jpg
この家に引っ越してきて15年、
いろいろなものが壊れ始めていると先日書きましたが、
その後、リビングの照明器具を買い替え(LEDに遅ればせながら)
ウォシュレットも新しいものを購入しました。
取りつけ工事は夫が担当。

そうしたらまさかの冷蔵庫があやしい。
開けっ放しにするとピーとなっていたはずの音がならない。
年取って気が長くなったのか?と思っていたが、
マシーンなのでそういうものではなく、
単にそのセンサーが逝ってしまった模様。
さらに、温度調整や製氷などのボタンが効かない日がある。
使わないといえば使わないのだけど、
スイッチランプも付いていないので気になる。
冷やすという本来の機能はしっかりしているのだけど、
ある日突然ダメになるのも怖い。

電気屋に夫が行き聞いてみたところ、15年持てば御の字と言われたらしい。
そして冷蔵庫に関しては、機能的にも、省エネ的にも
もう技術はいくところまでいって、
どの社のものを買っても変わらないとのこと。

また電気屋に行ってまいります・・・。
週末はなにか習い事?ってくらい、
ヤマダ電機に毎週通っています(涙)。


[PR]
by higumake | 2016-12-13 17:00 | 日々のくらし


<< もういくつ寝るとクリスマス? 夜弁 >>