シーツも掛け布団カバーも白

中身の羽毛布団は昭和風花柄だったりするのですが、
白いカバーをかけてしまえば見えません。

e0105846_20342315.jpg

ベッドシーツも、敷布団カバーも、枕カバーも、布団カバーも
選ぶのは白色のもの。
選ぶのに迷わないし、飽きがこないし、清潔に保てるし
広い面積の物なので、柄がないことで部屋がすっきり見えるのもいいな、
とカバー類は白のみになりました。
味気ないくらいシンプルなのがつくづく好きです。

年度末だからでしょうか、ただいま片付け熱がアップしています。
いい天気が続いているので、洗濯祭りも同時開催中です。



[PR]
by higumake | 2017-03-20 16:00 | 収納とくらしのアイデア | Comments(2)
Commented by グリコ at 2017-03-21 15:06 x
私も白で揃えたいのですが、夫が病院みたいで嫌だ、と言い張り、やむなく格子柄や色あり無地を使用しています。でも麻子さん宅は病院ぽく見えないですよねー。壁の色や床の色に温かみがあるからかな?
Commented by higumake at 2017-03-22 08:29
★グリコさん、こんにちは。
一人暮らしだったら自分の好きなようにできるけれど、家族がいるとそうもいかないですよね。わが家の寝室の壁の色は、確かに他の部屋と違ってちょっとクリームがかっています。観葉植物の緑が入るとまた温かみが出るように思います。大きめだとなお。でも格子柄などもすてきです。以前のうちもそうでしたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< NHK朝の連続テレビ小説 お茶碗洗いは好きな家事、白い食... >>