プロフェッショナル~仕事の流儀

NHKで毎週木曜夜に放送されている『プロフェッショナル~仕事の流儀』という番組が好きでよく見ています。これは『プロジェクトX』の次のシリーズで、さまざまな分野の第一線で活躍中の、一流の「プロ」の仕事や生き様を見せてくれる熱い番組です。

最近は夫婦で日経スペシャルの経済番組なんかもよく見ているし、これで大河ドラマと歴史モノを見始めたら完全にオヤジだね(笑)、と夫には言われているけれど、でも一流の人間の仕事ぶりはそれはそれはかっこよくおもしろいのだ。

起業してる友達などには、この番組と『情熱大陸』にいつか出演するのが夢と、日々がんばっている人間も多い。ほんとなんでもいいから、いつかこれだけは「プロ」と言えるものを持てる人間になりたい。今は一家庭の一主婦だけど、せっかく生まれて生きているからには、「これだけは一流です。」と胸張って言えるものを持ってから死にたいなあ、なんて。

さて番組の話に戻りますが、番組最後には毎回ゲストに同じ質問をします。それは「(あなたにとって)プロフェショナルとは?」というもの。その答えは深く、重く、毎回私は手帳にメモしてしまうほど。それは日々なんとなく生きている自分に対する戒めのためでもあり、持っていないものへの憧れもあり、輝かしい未来の目標とでもいうかのように。

プロフェッショナルとは?に、それぞれのプロたちはこう答えたのでした。

「技術も心も伴った人。」

「常にベストな判断の出来る人。」

「素人が1000人集まっても一人の人に敵わないという、
圧倒的な力の差のある、技量ノウハウを持ったその一人の人。」

「自分を好きでいられる生き様を貫くこと。自分を偽らないこと。」

「明日のために仕事が出来る人。人のために仕事が出来る人。」

「揺るがないビジョンを持っている人。」

「自分が信じた道をまっすぐひたむきに歩く人。
本当に出来るのかと思った理想が形になる、それを目指して努力する人。」

「夢を描くことが出来、それを実現する力のある人。」

「失敗に失敗を重ねても、それを絶対に忘れないで、次につなげていく人。」

そしてある人はこう言った。
「技と情熱。」

かっこいい。

なんて書いているのも、現在日々の雑務に終われやる気なーい生活を送っているから。でもこれじゃいかんのだ、とこうしてわが身を奮い立たせているのでした・・・・。
[PR]
by higumake | 2006-12-08 16:56 | 日々のくらし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 健康を取るべきか、色気を取るべきか さらしとおしぼりタオル >>