鴨汁せいろ風

日曜日のお昼ご飯は蕎麦に。でもいつもどおりのつけそばには少々飽きてきたので、温かいつけ汁で頂くことにしました。実家の近くにあるお蕎麦屋さんは手打ちでそれはそれはおいしい。そこではよく鴨汁せいろや、鶏とキノコの入った温かいつけ汁に冷たい蕎麦をつけて頂く鶏キノコせいろを注文します。それが家でも出来ないかなあ、ということで作ってみました。

e0105846_13253368.jpg

キノコはあいにく家に無かったので、ぶつ切りのネギと鶏モモ肉をフライパンで焼いてから、常備してあるそばつゆで煮て、貝割れ大根を乗せ、刻みネギとゆずコショウを添えました。この温かいつけ汁にはゆずコショウがとても合います。簡単に出来てしかもおいしくお腹も満足するので、たまには具沢山の温かいつけ蕎麦もいかがでしょうか。

ちなみに茸は、エノキ、舞茸、エリンギ、椎茸、シメジ、なんでもオーケー。ほぐして刻んで麺つゆに加えてさっと煮れば、おいしい茸汁が出来そうですね。この場合も鶏肉を入れるのを忘れずに。この鶏肉から出る出汁や脂がおいしさの秘訣だと思います。
[PR]
by higumake | 2007-01-15 16:42 | レシピ


<< iittalaの花瓶はさすがの... 葉蘭を植えた。 >>