GWもおしまい

5月5日はこどもの日。多摩市でやっている大きなお祭のお手伝いに、母と共にひぐま家の家族も借り出されて行って来ました。その日の予想気温は20度前半だったはずなのに、いざ蓋を開けたら25度以上あったと思います。そんな炎天下に帽子も持たずにほぼ一日立ちっぱなし。しっかりTシャツ焼けしてしまいました(涙)。

e0105846_19393566.jpgぶんぶんごまを作ったり・・・
e0105846_19394116.jpg和紙を染めて手帖を作ったり・・・(左奥のチラシのかぶとを被っているのがそうくん)

e0105846_194013.jpg折り紙を折って切って作った模様をはがきに貼ってポストカードを作ったり・・・

誰よりもうちの子たち自身が楽しんでいるようですが、そうくんは作り方を参加者に教えたりと、先生役もこなしたのでした。夫も私も遊びに来てくれた子供達に作り方を教えてあげたりしました。

e0105846_19394773.jpgお手伝いなので日当はもちろん出ませんが、お昼に鮨折りのお弁当が出ました!うれしい~。
そしてこれはおやつのアイスを食べた後のようたん。モノを食べるとあいかわらず口周りが汚れます。チョコレートアイスを食べたのだとすぐにバレてしまいますね・・・。
e0105846_19395496.jpgたくさんの積み木で大きな建造物を作るコーナーもありました。これ、お父さん達の方が真剣だったかもしれません。こういうものって、お父さんがハマりがちなんですよね(笑)。


そして今日は南千住のマンションへ、小雨振る中ディスプレイの仕事に行ってきました。600世帯ほどの大きなマンションの共用玄関には小さなディスプレイスペースがあって、そこはもともと雛祭りや端午の節句など、季節の行事にちなんだしつらいをしてきた場所らしいのですが、たまには違うテイストのものがあってもいいのでは?と子供の日が終わった今日から七夕までの何も無い期間のしつらいを今回は任せて頂いたのでした。

e0105846_20141077.jpg
そもそもは春休みに頂いたお話だったのに、バタバタと考え始めたのは最近になってからで(苦笑)、今回は日本にも古くからある【包む】という文化、中でも手ぬぐいを使ったお包みの提案をさせてもらいました。【包む】という行為は贈るものも、相手への気持ちも大切に扱う慈しみの心の現れ。果物のおすそ分け、ワインを手土産に、ごあいさつの菓子折り、ちょっと持って行きたいというときにも、てぬぐいでひと手間かけて包んでみる。そんな贈り物も時にはいかがでしょうか、・・・と。
左から箱包み、果物包み、スイカ包み、瓶包みです。手ぬぐいでコースターも作れます。

e0105846_20335423.jpg

それにしても子供が生まれるまでは仕事で店のディスプレイもしていたとはいえ、大学の専攻は理系だし、ディスプレイなんてそもそも学んだこともなく自己流。今回も久しぶりでまだまだ感覚が戻って来ずいまいちな出来・・・申し訳ないことです・・・。でもまた次回もやらせてもらえるようなので、日々アンテナ立ててセンスを磨き、頑張ってやっていきたいと思います。

しかしながらもともとバテバテだった身に鞭打って動いているところはありへとへとです~。そこへ来て実家にこまごまと忘れて物もしてきてしまい落ち込んでもいます。近頃の私は要領は悪いし、物忘れも激しいし、本当に駄目人間なのです・・・。

でも段々と暖かくなってきてむしろ暑いくらいの日もあり、ちょっと元気は出てきました!私はどうやら夏が一番元気みたいです。寒いのが苦手なんだと思います。今週は保育参観も親子遠足もあるし頑張らねばね!
[PR]
by higumake | 2007-05-06 20:51 | 日々のくらし


<< 手ぬぐいでティーマット&コースター たまにはサンドイッチ弁当 >>