豚肉のバルサミコ酢煮

先日のランチ会で友達が持ってきてくれたお料理がとってもおいしかったので、早速教えてもらったレシピを公開します。おしゃれな一皿だし、味の方もかなりおいしいし、こういうものをさらっと作って持ってきてくれるセンス、見習いたいですよね。

e0105846_859683.jpg

【豚肉のバルサミコ酢煮の作り方】
1:豚肉(スペアリブなど骨付きも入っていた方がおいしいと思う。)1キロは
  フライパンで焼いて焦げ目をつけたら、
  熱湯を加えて余分な脂等を茹でこぼしておきます。
2:レンコンは大きめの乱切りにしておきます。
3:バルサミコ酢1カップ、しょう油1/2カップ、砂糖大さじ2、オリーブオイル大さじ1、
  粗挽きコショウ少々を鍋に入れ、そこに1と2も加え、蓋をして圧力鍋なら15分加圧、
  ルクルーゼ等厚手の鍋なら40~50分煮込めば出来上がりです。
4:仕上げにも粗挽きコショウを振り、
 (今回は忘れてしまった)生のバジルの葉を散らして完成です。

e0105846_912199.jpg

バジルも味と見た目の決め手みたい。次回はこれを忘れずに、私も作ってみたいと思います。聞いてびっくり、本格的なお料理なのに結構簡単に作れそうでしょ?

[PR]
by higumake | 2007-05-30 09:14 | レシピ | Comments(12)
Commented by Honey at 2007-05-30 12:40 x
バルサミコって、煮物にも使えるんだね。 この頃お料理がマンネリ化してきたので、かんたん(そう)なこの一品は試してみたいな!
それにしても、毎度思うけど、あさちゃんといい、そのお友達といい、なんてお料理センスがあるのかしら。ステキすぎます。
Commented by N78yoko at 2007-05-30 13:46
バルサミコはホタテのカルパッチョくらいにしか使わないのでこれだけたっぷり消費できると嬉しいね!
でも、1カップ分を出すのが大変そうだ~
ちょっとずつしかでないでしょ(笑)
Commented by 足音 at 2007-05-30 15:01 x
以前だったらこういうの聞いてもぜんぜんひかれなかったんだけれど、ある時、知り合いのお母さんが作ったイタリア風酢豚、というのをいただいて食べたらこれがすごく美味しかった!!なので、たぶん味の系統が一緒な気がしてすごーく食べたいのです。
Commented by higumake at 2007-05-30 20:06
★バルサミコを煮詰めてアイスクリームにかけて頂くデザートなんかもあるよね(食べたことはありません)。
以前チキンを普通にオリーブオイルとニンニクで焼いて、最後にバルサミコ酢をかけて煮詰めてとろりとソースみたいに絡めて食べたことがあったけど、おいしかった覚えがある。

確かにバルサミコ酢の瓶には変な内蓋がついていて、中身がちきちき出るよね。

それにしてもイタリア風酢豚というのも、かなり引かれるものがあります。バルサミコは日本の米酢のような強い酸味はなく、それでいて深いコクがあるからそのままでソースっぽく使えるのでしょう。(ほとんど使いこなせていないのですが。)
Commented by さち at 2007-05-30 21:28 x
さっそく!作ってしまいましたーー。
今日の夜ご飯にいただきましたが、こんな簡単なのになんじゃこりゃ
というコクとうまみがありました。

バジルを添えてみましたが、青じそと一緒でもさっぱりしておいしいかな。
ああいう清涼感のある脇役があると引き立つね。
多めに作ったので明日のお弁当にももってきまーす。

あさちゃんとあさちゃんのお友達さん、いつもありがとうーー。

Commented by 足音 at 2007-05-31 07:38 x
イタリア風酢豚、あんまり美味しかったので、レシピを聞いたけど残念ながら、わからない、とのこと。でもそのお母様は、雑誌のESSEをみて作っていたそうで、お料理上手のベテラン主婦なのに、新しいものにチャレンジするその姿勢をすごいなあ、と思ったのでした。
Commented by higumake at 2007-05-31 08:22
★さっちゃん早ーい!
レシピをアップしたその日の晩の食卓にのぼるなんて。
このお肉は冷めても柔らかいし、お弁当にも良さそうだね。
お弁当といえば、さっちゃんにメールしようと思っていたんだった!
6月下旬の東武栗久ツアー(!?)ご一緒できたらいいな、
って個人的に(本気で)願っており・・・。
まげわっぱのお弁当箱を拝みに(もしかしたらお買い上げ)行きたい。
そして栗久のお父さんに、いいおひつを作ってくれてありがとう、
を伝えに行きたいです!
なんだか単なるファンか?という気がするけど、
その通り単なるファンなのでした・・・(きゅん)。
Commented by higumake at 2007-05-31 08:25
★イタリア風酢豚、詳しいレシピが分からず残念。
でもお酢の変わりに黒酢で作れば黒酢酢豚になるように、
その部分をバルサミコ酢に変えて、
具もイタリアーンな感じにすれば出来そうですよね。
そのおいしさになるかどうかは分かりませんが。
ごはんって毎日のことだけに、すぐマンネリに陥りますよね。
新しいモノにチャレンジしてそれほどのものでもなく消えていくレシピも多いけど、
新しいモノにチャレンジする気持ちは忘れたくないですね。
Commented by さち at 2007-06-01 12:49 x

そうそう、酢豚だって考えるとレンコン以外にもたけのことか
仕上げにピーマンとかいれてもいいんじゃないかって気がします。
あとごぼうが好きな私は、次はごぼう入りをもくろんでいたりする。
あ、さといももあの濃いタレにからめたらおいしそうだなあ。
…これじゃもとがどんなお料理かわからなくなるね。
Commented by さち at 2007-06-01 12:54 x
そうそう。
以前、私がお弁当にいれてた鶏のゆずこしょう煮ですが、
興味をもってくれてたのよね。

お知らせせねばと思いながらしそびれておりました。
簡単なのでここで!ご案内しちゃいます。


ちなみに、材料が妙に少ないのはお弁当の本だから。
たぶん下記で1~2人分のお弁当の想定です。

私はとり肉400gぐらいで、ごはんとお弁当分作るのでその他の
材料も約5倍量にしています。
ゆずこしょうの辛さが飛んで、しっかりめの味がついて
ごはんんがすすむおかずになります!
きのこがないときは鶏肉のみで作ったこともあります。

ご家庭で余ってたゆずこしょう、ぜひ使い切っちゃってください~

→長いので続く
Commented by さち at 2007-06-01 12:56 x


→続き

★鶏肉ときのこのゆずこしょう焼き★

~「サルビア給食室のおいしいおべんとう手帖」
 (ワタナベマキ)より
 

【材料】

とりもも肉 80g 
まいたけ  1/4パック 
エリンギ  1本
油 小さじ2
 
 ※調味料A 
  八方だし
   (市販のめんつゆで代替OK。本では八方だしの作り方も掲載) 小さじ1
  酒 大さじ3
  ゆずこしょう 小さじ1/2


【作り方】
1)鶏肉は皮を除き、包丁で2~3箇所切れ目をいれる。
2)まいたけはほぐし、エリンギは2~3本に裂く。
3)フライパンに油をひいて中火で熱し、1)を焼いて片面に焦げ目が
  ついたら裏返す。Aと2を加えてふたをし、弱火で蒸し焼きにする。
  火が通ったら食べやすい大きさに切って盛り付ける。
Commented by higumake at 2007-06-01 18:07
★さっちゃん、ありがとう!そしてびっくり。その本持っていました!
その前の「サルビア給食室」の本を友達に借りて、いいな~と眺めていたら、
お弁当の本が出ていたので春休みに買ったのです。
ゆずこしょう焼き、ノーマークでした。
やっぱり友達が実際に作っておいしそうにお弁当にしているのを見てはじめて、
おいしそう~!作ってみたい~!と思えるのかも。
友達効果は大きいと改めて思いました。

でもこのレシピを有難くメモっているブログ訪問者の方、たくさんいると思います。
ありがとうね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 近頃ごはん カゴ編みランチ会 >>