「ほっ」と。キャンペーン

洋風炊き込みご飯メニュー

毎日のごはんがまたマンネリ化してきて私が飽きてしまったので、この度新作にチャレンジ。行正り香さんの「19時から作るごはん」を眺めていたらおいしそうなレシピがあったので、昨晩はその「洋風炊き込みご飯」を作ってみました。材料は冷蔵庫と相談して、チキンでもポークでもシーフードでもなんでもいいみたいですが、冷凍庫にチキンのモモ肉が一枚あったのでうちはそれを使いました。

e0105846_1092852.jpg少し多目のオリーブオイルでニンニクと玉ねぎとお肉を炒めてから、カレー粉大さじ1(子供も食べるのでそれより少なめにした)チキンブイヨン1個、塩小さじ半分、コショウを振ってから米2合も炒め、野菜も入れて米と同量の水(行正さんは半量をビールにしていた。)を加えて、蓋して弱火で13分、火を止めて5分蒸らせば完成という簡単レシピ。


e0105846_10122270.jpgそれでもこの人のごはんはおいしいと思う。広告代理店でプランナーとしてフルタイムで働いている方なので(しかも子供も二人いる)、そんなに手間ひまかけて毎日のごはんは作れないはずなのに、出来上がったものはおいしくしかもおしゃれ。それほど忙しくはないはずの主婦でも、これには飛びついてしまいます。


e0105846_10231959.jpg行正さんはこの炊き込みご飯にインゲンとむきエビのマヨネーズサラダを合わせていましたが、あいにくインゲンもエビもなかったため、ひぐま家は生春巻きを合わせました。春巻きの中身はキュウリとボイルもやしとハムです。


e0105846_1025442.jpg
ジャガイモのポタージュ冷製スープと共に、3品で晩ごはんです。炊き込みご飯の仕上げにはガリガリとコショウを振ります。それで格段においしくなります!


e0105846_10265226.jpg
お熱ようたんはスープのみ口を付けて、あとはデラウェア(ブドウ)を半分食べて寝てしまいました。2泊3日の広島出張で4食お好み焼き(鉄板焼き)屋だったらしい夫は、米に飢えていたらしく、「うまいうまい」言って食べていました。だったら白いごはんの方がよかったかな~とも思った私です。
[PR]
by higumake | 2007-06-04 10:35 | ごはん | Comments(2)
Commented by さち at 2007-06-04 12:27 x

うふふ。
行正り香さんの本は全部持ってるわたくし。
この洋風炊き込みごはんはかなり作りました。
おいしいんだよねえ。お米がつぶつぶしっかり炊き上がって、肉や魚が
ほこほこして。簡単レシピなので家に帰ってから作ればいいのに、
これを冷凍保存してさらにさらに簡単にして食べようとしたこともある…

広島帰りで米を欲していたひぐま夫さん、お箸がすすんだことでしょう。
カレー味がたまらない刺激になるからねえ。

あと、行正レシピではプチトマトのパスタソースと「煮魚・魚ちゃんだれ」が
大好き!
プチトマトのほうは、川越のみんなとの合宿風旅行先で作ったら
好評で、K松くんとかMラ田くんとか男子陣がおうちで作ってくれたとか
いないとか。
うちではオムレツにもハンバーグにもこのトマトソースをぽきっと折って
解凍して使っているので、当のケチャップがこの1年なかったりする。
もしまだ挑戦してなかったらぜひ!

Commented by higumake at 2007-06-05 08:54
★り香さん本を全部持っているとは!マニアだね。7,8冊あるよね。
私は「19時から・・・」と「ものがたりのある・・・」の2冊のみ、
しかもどちらもブックオフでほぼ新品みたいなのを手に入れました。
盛り付けやテーブルコーディネイトもとっても参考になって、
(でも自分ではうまくできない・・・)手に入れてよかった本のひとつ!
もう一冊基本の「おうちに帰って・・・」が欲しい今日この頃です。
さっちゃん的にはどの本がオススメかな?
プチトマトのパスタソースも是非とも挑戦したいのだが、
どの本にレシピがあるのかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ようたん、(多分)復活 ふたりはなかよし >>