たまにはかわいいべんとうもつくるのだ。

e0105846_21433789.jpgかわいい弁当・・・私の作るのはこれが限界だ(笑)。普通のオムライスに海苔で顔を付けただけ~。ちなみにほっぺはケチャップです。でも慣れないことなので海苔を切っただけで疲れてしまい、サブおかずは枝豆にプチトマト。そんなものです。(ようたんはケチャップが得意ではないので、それで顔は描けないのです。)でもこの弁当を見せたら、「これ、ようぴい?ようぴいでしょ?」と本人喜んでいましたわ。
e0105846_21434493.jpg
普段はこんな感じ。昨晩の残りの揚げボールとコンニャクの煮物に海苔とジャコと白ゴマのごはん、茹でアスパラ、デザートのデラウェア。うーん、こういうお弁当、安心します。人々(弁当作り母)の心にも安らぎと安心をもたらしますよね、ああこんなんでもいいんだって言う・・・。
[PR]
by higumake | 2007-07-04 21:51 | お弁当 | Comments(4)
Commented by 神楽坂の妻 at 2007-07-05 00:15 x
毎日お弁当を作ってすごいことですよね!!!
お弁当箱だって毎日洗わなくちゃいけないし・・・
すごいよな、やっぱり母はすごいよな
果物が付いてるのもすごいよ!

ところで私は、幼稚園児のころ、トマトと卵を間違えて覚えて
毎日、ゆで卵地獄にはまった時期がある・・・
ゆで卵は食べにくいからいやで、トマトは大好き
母に”明日はたまごいれてね”と毎日言っていたらしい
ある日”赤いたまご”と言って誤解が解けた

でこうやって30過ぎても母のお弁当を覚えているから
やっぱり、母の弁当はすごいと思う。
Commented by higumake at 2007-07-05 00:56
★神楽坂妻さん、おもしろいよ!それおもしろすぎるよ!
毎日発注しているのに一向に叶わぬ夢のトマト入り弁当・・・。
かわいいよ、かわいすぎるけど、
2,3日目で気づけよ、という気もしないでもなく・・・(笑)。

母の弁当、私もやっぱり覚えてる。
母も始めての弁当作りにいろいろ工夫してくれたりもしていて、
ある日作ってくれたのはお花のラップサンド。
それを見た先生が「こんなにかわいいお弁当よ~!」
ってクラスの皆に見せたりもして、
私ははずかしいようなうれしいような気持ちになった。
それって年中の先生がしてくれたことだったから今から30年前のこと。
食べるものって特に記憶に残るんでしょうね。

で、母が参考にと買ったお弁当の本、私が譲り受けました。
元祖キャラクター弁当みたいな園児弁当から、
正統派の通勤弁当まで、ぎっしりお弁当の智慧が詰まっている本なのだけど、
それ参考にしたことなかったな。気持ち新たにまた眺めてみよう。
Commented by 足音 at 2007-07-05 07:33 x
かわいい・・わたしも海苔を切るくらいが限界かしら。オムライスもたまにしますよー。そのときは、ご飯の上に、型で抜いた薄焼き卵を載せたり。この前はうさぎにしました。あまり懲りすぎてる、今のキャラ弁ってすごい!と思うけど、なんかあんまり食欲がそそられないような気がします。
Commented by higumake at 2007-07-06 08:10
★型抜き薄焼き卵、その手もありましたね。今度やってみます!
キャラ弁、確かにかわいいのかもしれないけれど、
おかず自体は毎回同じようなものしか入っておらず、
食べ飽きそうな気がしないでもなく・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< つながっている。 ほたるをみる。 >>