うれしいお土産

このブログにもよくコメントを下さっている方から、なんと帰省土産を頂いてしまいました。ご実家で私のことを思い出して下さっただけでもうれしいのに、こうして形にまでしてくれて・・・感無量です。
日常って毎日繰り返されることは基本変わり映えがなく、それでも少しでも楽しくなれば・・・と日々頑張っているわけなのだけど、それでもちょっと疲れが溜まってしまったり、心が晴れなかったりすることもないわけではありません。でもたまにこうして神様は「がんばってるね!」ってご褒美をくれるのかもしれないなあ、なんて思ってしまいました。
e0105846_940713.jpg
那須にある「SHOZO」という名のちょっと有名な喫茶店のコーヒー豆と宇都宮美術館の手ぬぐいです。封を開ける前からいい香りが漂って、コーヒー好きな夫にさっそく淹れてもらいました。「森のブレンド」という名もまたいいではないですか。本当にいい香り~。酸味の強いものより、苦味の強いコーヒーの味の方が好きなので、ひぐま家夫妻の好みのぴったりの味でした。確かにいい豆なのでしょうが、それ以上に気持ちもおいしさアップに貢献していたような気もします。ごちそうさまでした。

e0105846_9443525.jpgちなみにドリッパーはこれです。(これですよね?近々Kさんちにくるというのも・笑。)今年のボーナスでだったか、自分の誕生日にだったか、夫が自分で買っていました。彼はコーヒーがないと生きていけない人間なので、どうせならおいしくも飲みたいと、コーヒーの本を読んだり、見かけた雑誌を参考にしたり、さらには持っている友達の話を聞いたりしたらうちもこれにたどり着きました。


そしてこの友人がリンクを貼ってくれたところが送料無料だったのでそこで注文した次第。この店がまたよかった!中1日で届いたし、手書きの便箋ぎっしり一枚の丁寧なお手紙付きだわ、おまけに「数あるサイトからうちを選んでくれてありがとう」って50グラムくらいのアロマブレンドのコーヒー豆までつけてくれた。
なんだかね、名前のない店はこういう店主の思いが大事、ここまでされたら次も絶対にここで買おうって思うから。そうやってお客様を大事にして、お店も成長していくんだろうなあ。ただ売ればいい、じゃなくてきちんと楽しんでもらおう、喜んでもらおうという気持ちってしっかり伝わってくると思いました。立派な商売道だと思いました。

長くなってしまったけれど、ちょっと二言三言・・・。
心も身体も元気に過ごす・・・ほんと当たり前のようでいてこれが結構大変なことですよね。落ち込むようなことも日々生きていればないわけではなく、なんだか最近早くおばーちゃんになりたい・・・とすら思うこともあるのですが(ブルー、ネガティブ期らしい)、時間は皆平等・・・だらだら過ごしても生き生きと過ごしても、同様に時間は過ぎていく。ならばいつも心は平和に、日々感謝して生きていきたいなあ・・・。とはいえ無理はいけません。不調な時は流れに身を任せてみる。そういうときは休めということで、ほどほどにの合図。この”ほどほどに”というのも、人間に与えられたすてきな智慧だと思います。
[PR]
by higumake | 2007-09-04 19:40 | 日々のくらし


<< 掃除に限る! リゾートごっこ >>