秩父へ

週末土曜日は祖父母のお墓参りに秩父まで行って来ました。お彼岸シーズンだし駅からは聖地公園まで無料バスなんかも出ていて、霊園内は人がたくさん。国として宗教を持たない国民ではあるけれど、先祖を大事にする心はそれなりにしっかりと根付いているのかもしれません。親あっての、ご先祖様あっての現在の私たちですものね。

e0105846_1026651.jpg
お参りの後は名物のお蕎麦を頂き、その後は電車に乗って高麗駅で下車。曼珠沙華で有名な巾着田へ行きました。巾着田といえば小学校の頃遠足でよく来ていました。そうしたら夫も遠足でよく来ていたとのこと。夫は埼玉は川越、私は東京都下と住んでいる場所は違ったけれど、もしかしたら過去にもすれ違っていたかもしれません。出会うべき人とは過去にニアミスも何度かあってもよさそうです。そもそも夫と私は生まれた病院も取り上げてくれた先生も同じなのでした。

e0105846_103532100.jpg水深浅めの川は絶好の遊び場。ビーチサンダルも持ってきていたのでじゃぶじゃぶ入ってきました。この日はまたとても暑い日でしたが、川の中は冷たくて気持ちいい!汗もすっかり引きました。
写真は夫に石投げを教えてもらっているところ。子供たちも3,4回石が跳ね飛ぶようになりました。夫のは15,6回対岸の岸まで飛んでいくのに、私のも子供と同じで3,4回しか飛ばないんですけど・・・。
e0105846_10353996.jpg
足だけ入るつもりが、ようたん途中でバランスを崩し半身びちょびちょ~。本人半笑いです。
e0105846_10354643.jpg
曼珠沙華(彼岸花)は本当にきれいでした。私たちは川遊びに興じてしまったのだけど、一緒に行った叔母と母は群生地まで行ってそれはそれはきれいな曼珠沙華を見てきたようです。私もちょっと見たかった・・・。
e0105846_10355637.jpg
地元の方々が庭先などで露店を出しています。稲穂やひょうたん、数珠玉まで売ってる!のんびりいい雰囲気だなあ。田舎暮らしには正直あまり興味がなかったのだけど、最近都心というか現代生活に疲れていたので、引退したサラリーマンが田舎暮らしにあこがれてしまう気持ちが、少し分かったような気がしました。
[PR]
by higumake | 2007-09-24 10:52 | 日々のくらし


<< 夏野菜と昆布のネバネバ和え 鶏ささみとネギの炒め物 >>