東京散歩~小石川植物園

またまたいい所見つけました。
e0105846_8395487.jpg

さてひぐま家夫妻は既にじじばばのようですが(笑)、街歩き&公園好き。山手線を歩く会というのを勝手に始めて、暇を見つけては子供も巻き添えにして山の手沿線をてくてく歩いていたわけですが、ついにそれも恵比寿~目黒~五反田を残すのみとなりました。つまりもうすぐ山の手歩き1周記念です。23区といえども下町あり、ばりばりの都会あり、そんな中をてくてく歩くのは本当に楽しい。

さて今回は山の手線歩きではなく、山の手内散策。以前より気になっていた小石川植物園に行って来ました。ここがびっくりするくらいのどか!都心って案外こういう場所がぽっかりあるものです。茗荷谷駅下車だったのですが、文京区って町がきれい。でも大手では共同印刷を始め、大小の印刷屋がひしめく街でもあって、常に印刷機が回っているガッチャンガッチャンという音がどこかに聞こえています。文京区、でもなんだか静か。

e0105846_8434717.jpge0105846_8435474.jpgここは通称小石川植物園ですが、正式には東大の付属植物園です。なので学生らしき人が葉を採集している姿なんかもあります。園内には「ニュートンのりんごの木」(ニュートンが万有引力の法則を発見したりんごの木を株分けしたもの)、だとか「メンデルのブドウの木」だとか、見所?もあったりします。

e0105846_844071.jpge0105846_844783.jpg
左は東大医学部の昔の校舎。今はギャラリーになっています。あとは雑木林や日本庭園など。小石川療養所の跡地でもあるので、そのときに使用されていた井戸なんかも残っています。


e0105846_8441543.jpge0105846_844218.jpg緑のモミジがきれいな道。梅林にマンジュシャゲ・・・人も少なくてとにかくのどかなんです。たそがれたい時には最適。夫なんて近くにあったら本持って通うとまで言っていました。だから夫よ、引退したじじいか?と(笑)。でもね、普段すっごく忙しいから、休日はこういうところでのんびりのバランス、大事だと思うんです。
園内には売店もあって、それがまたのどか!テーブル席の上は藤棚です。そもそも店の人も見えなくて、多分テーブルで知人らしき人たちとお茶を飲んでいるのが店主だと思われます。


e0105846_8442856.jpgこの植物園、なぜか入園券は正門対面の一般の売店(米田商店)で購入します。小石川植物園、330円の都会のオアシスでした。
[PR]
by higumake | 2007-10-15 09:01 | 日々のくらし


<< 弁当屋か? ちょっとしたお礼です。 >>