お正月準備その3~栗きんとんを作る 

今年のお正月は実家で過ごすことになりました。去年、一昨年と2年ほどはお節を外注して、料亭のやホテルのを頂いたりしてきましたが、やっぱりちゃんと作ろう!と母。義妹と私もその一部を担当することになりました。数の子、黒豆、田作りは三つ肴と言われるめでたいもの。数の子は母が、黒豆は義妹が、田作りは私と分担。(とは言っても、田作りなんて始めて作ります!)それと子ども達が大好きな、つまりうちの子たちがほとんど食べてしまいそうな栗きんとんは、やはり私が作って持って行くと宣言。言ってみれば自給自足です。

e0105846_20431772.jpg
実は栗きんとんも初めて作ります。お料理上手の母ですら、作ったことがないって。こんな感じでよいかな?と簡単そうでなおかつおいしそうなレシピを研究しました。サツマイモは八百屋さんに聞いて「やっぱり金時芋でしょう!」とのこと。それを厚めに皮をむき、水にさらしているところ。甘露煮は生協とデパ地下で国産の物を買っておきました。

e0105846_20432567.jpge0105846_20433225.jpg
そして実践は子ども達と一緒に。くちなしの実と一緒に柔らかくなるまで茹でたら(よりきれいな黄金色にするためのくちなしだけど、なくても大丈夫)、茹でこぼして、バーミックスで潰し作業はするつもりだったのだけど、どうせなら感じを出して~と金ザルで裏ごしする作業を子ども達にやってもらいました。その後は栗の甘露煮のシロップと水あめを入れて弱火にかけ、ひたすら練ること20分くらい。ねっとりとしたきれいな餡ができました。あとは甘露煮を入れてさっと混ぜれば完成です。

e0105846_11502420.jpg
はい、できました~!初挑戦にしてはなかなか。私の知っている栗きんとんになりました。

来年用の覚書。栗の甘露煮固形量400g、サツマイモ(金時芋)500g(大きいの1本分)、甘露煮のシロップ1瓶分くらい、水あめ大さじ4、(あればくちなしティーバッグタイプ1個)
砂糖は入れなかったのだけど十分甘い。それに明々後日食べるから保存の方もこれで大丈夫だと思う。
[PR]
by higumake | 2007-12-29 11:53 | レシピ


<< お正月準備その4~田作りを作る   お正月準備その2~廊下の飾り >>