「食品の裏側~みんな大好きな食品添加物」

図書館で予約した本がやっと手元に来ました。予約当初は確か300人待ちだったと思います。半年くらい待ったかな。この本の著者は元添加物を売っていた商社マンで、会社を辞めてからは添加物について全国で講演されています。その模様はテレビで特集を組まれたりもしていました。食品業界の偽装などで賑わう嬉しくない昨今、この手の話は皆さん気になってはいるのですね。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司 / / 東洋経済新報社

とても易しい言葉で書かれた衝撃的な内容の本です。添加物漬けの加工品たち。でもそれを作った企業が悪いだけじゃない。それを選んできた私たち消費者にも罪はあるのです。メーカーの語る「安くなければ主婦は買わない」本当にそうかな?だとしたら主婦も馬鹿にされたものだと思う。そして安くて便利の代わりに私たちが失ったもの。原因があればそれに沿った結果が待っている。因果応報。添加物が身体に悪いということより、家庭の食卓を崩壊させうるものなのだ、というのが怖いし悲しいと思います。

子どもは自分で食べ物を選べません。親が選らんだものを食べて育つしかない。そうなると親の責任は大きいと思うのです。これからの世を担う子を持つ親、子育て世代こそ読むべき本だと思いました。また意表をついて泣ける本でもあります。命を冒涜しているようで、悲しくて虚しくてやるせなくて読みながら泣けてきました。

著者自身はそんな食品添加物を世に広めた張本人でもあり、でもある日自分の子どもがクズ肉と薬で作られた市販のミートボールを嬉しそうに食べているのを見て、家族も消費者なのだと気付き、一晩悩んで会社を辞めたと言います。熟練の技が必要な加工にも、薬を使えば即問題は解決できる。でもそうやって職人達の魂も売らせていたことに驚愕し、懺悔の気持ちも込めてこうして本を書き、全国で講演しているのかもしれません。必読です。
[PR]
by higumake | 2008-05-10 20:56 | 日々のくらし | Comments(8)
Commented by aki5ban at 2008-05-11 10:30 x
突然ですが改名?しました。5番という怪しい名前から本名があきこなのでaki5banにしました~(笑)。よろしくお願いします。

さてこの本は私も読んでおいた方が?読むべき?いや、読んでみたいと思ったので図書館のHPで今予約しました。待ち件数4件・・・まぁまぁ早くまわってくるようでした。
ただ我が家の食生活はゆる~いのが現状で正直添加物というのも耳にはして知っているつもりではあるけれど、実はよくわかっていず主婦、特に母としては恥ずかしいですね。安いものは好きというか嬉しい買い物だし。でも子供は親が選んだものを食べて育つしかないっていうのが本当で、「原因があればそれに沿った結果が待っている」んですね、怖い。
著者が食品添加物を世に広めたにもかかわらず、家族には食べさせたくないというのは矛盾のように
感じてしまいましたが読んでみたら納得できるかなぁ?

いずれにしても家族には安全で美味しく楽しい食卓を用意したいと思います。
Commented by misao at 2008-05-11 12:21 x
私も数ヶ月前に図書館で借りて読みました。食に関する知識や関心が今まであまりになかった自分がこわくなりました。国産だとか有機だとか鮮度だとかそういうレベルの問題ではないのですね,食品って。この本を読んで以来,調味料をほとんど買い換えました。買い換えなければならないものを今まで使っていた事がまたショックで。息子の離乳食など気をつけて作っていたつもりだったのに,根本から間違っていたなんて・・・。
高級品を食べて生活するということではなく,いいものを適正価格で買いながら生活した結果,たとえ少々食費が上がってもそれはそれでいい!と思っています。決して裕福な家計ではないから,他をけずることになるかもしれないけれど,それでもやっぱりそこはゆずれないなぁというのが今の私の価値観です。
筆者もおっしゃっているように,添加物が悪いとか安いから良くないとかそう事ではなく,私たちが知らないという事が問題なのですね。この本を読んで,未知の分野に足を踏み入れ,食について興味を持てました。
Commented by けいこ at 2008-05-11 14:57 x
こんにちは。
必読です。  のひとことで、先ほど中古で購入しました。
私の母が、添加物についてはうるさくて、確かこの本だったかな、読めって言われたことがあったのですが、読まず・・・。

仕事を今迄はしていたので、楽にスピーディーに料理をって考えていたので、きっとたくさん添加物摂取したに違いない・・・。
ああ、早く読みたいです。
Commented by higumake at 2008-05-12 09:56
★aki5banさん、改名して運勢もさらにアップするといいですね~。
改めてよろしくお願いします!
それにしても今では待ち件数4名・・・ブームは去ったのでしょうか・・・。
「負け犬の遠吠え」なんかも数百の待ち人数だったのに、
今ではブックオフで105円ですし、諸行無常ですな(大げさ)。

この著者も猛烈サラリーマンだったから、普段帰宅は午前様で、
「生活」をしていなかったんだと思うんです。
だから家族がどんなものを食べているか、それすら知らなかった。
でも娘さんの誕生日に一緒に家で食事をして、
そのときに出てきたミートボールを見て初めて分かったんです。
自分の大事な家族に食べさせたくないようなものを自分は作ってきたんだ、と。
Commented by higumake at 2008-05-12 09:58
★misaoさんはもうお読みだったんですね。
「知らない」というのは怖いことですよね・・・。
世の中、自ら学ぶ姿勢がないと知らないことも多々あり、
学生でなくても日々勉強なんだな~と思ったりします。
情報公開の進んだこの社会で、食品業界のことだけは
未だに知られていないことが多いのが問題でもあるようで、
まず知ることが大切、その上でうちはどこまで気をつけよう、とか
うちは安くて便利がうれしい、などと
あとは個人的に考え選択していけばいいのでしょう。
分かったときから気をつければいいのだと思います。
Commented by higumake at 2008-05-12 10:02
★けいこさんもやることが早いですね~!
自分ひとりなら別にいいか~ってことも、
子どもも食べる、夫も食べるとなると、
やはり良いものを食べさせたいと思ってしまいます。
家族の健康と命を支えてるかもしれない、
家事を担う者もまたキーパーソンですよね。
母業ってつくづく総合学習の発表の場だと思ったりします。
Commented by みそ丸 at 2008-05-14 14:30 x
今日は怒涛のコメント日和です。
ってか小僧が昼寝中なので…

添加物云々もそうですが、先日カンブリア宮殿に大地宅配の社長が出てました。村上さんに「有機は高い。では貧乏人はどうやって食の安全を確保すれば?」と質問され、答えがとても気になって…・
回答は「スーパーに行って、安いからと食材を買い過ぎて捨てたり、予定外の物を買って予算オーバーになるより、一週間分を計画的に使ったほうが経済的、と言う声もある」と言ってました。
確かに。
私も野菜の皮まで使い切るし、でも玉葱の皮でお茶、とかはしないのでもちろん生ごみ出ますが、無駄にはしてない・・・つもりです。
でも有機です、と言う話をすると「お金持ち~」で、話が中断してしまう。
うちは普通のサラリーマンだし、そんなことはないのに、でもそういう友人の買い物かごには大量のお菓子があったりして。
それがいけないのではなく、どこにお金をかけるか、だと思うんですが。
うちはお菓子って頂きものしか食べないし・・・

と、添加物と離れた単なるボヤキでした。
Commented by higumake at 2008-05-14 22:51
★みそ丸さん、カンブリア宮殿っておもしろいですよね。
なのに!大地宅配の社長の回、見忘れてます~私。
みそ丸さんの言うとおりだと思います。
市販のお菓子を毎回あれだけ買っていたら、
かなりな額になるだろうな~?と思いますよね。
特売品も買いすぎたら結局使い切れず無駄になるし、
安いものって痛みも早い気がして、
そうなると冷蔵庫内で腐らせてしまってやっぱり無駄になるし・・・
そういう無駄の方が額が実は大きいような気がして・・・。
うちも普通のサラリーマンで決して裕福とは言えない家計だけど、
それでもゆずれない部分を食にしている。
健康代(医療費)も含まれた食費なんだと思いますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 手ぬぐい雑貨 親子遠足のお弁当 >>