大橋歩「今日のわたし」

週末に読んだ本。
今日のわたし
大橋 歩 / / PHP研究所

大橋歩さんの本が好きです。本棚にも数冊収まっているし、今までに一体何冊読んだかしら?というくらい。味のある絵とちょっと辛口なエッセイが最高。この本は以前友達から借りて読んでいたのだけど、それを忘れて思わず古本屋さんで買ってしまった。だって恐らく新古書で270円だったから。この古本屋さんというのが、私初めて行った所だったのだけど、すごくいい!本の状態がほぼ新品で、ブックオフには並んでいないような渋め?セレクトなのですよ。夫が人生に悩んでいた頃(笑)、ふらっと寄ってラマさま(ダライラマ十四世)の本に出会ったという思い出の?本屋らしい。このラマさまの本がまたすっごくいい(らしい)のだけど、確かこれも新品同様で400円(定価2300円)だったとか!ありがたい。

話戻り「今日のわたし」。これは大橋歩さんが60歳前後に書かれたものをまとめたもので、健康のこと、夫婦のこと、暮らしのこと、おしゃれのこと・・・、30代の私にはちょっとまだ分からない感覚のこともあるけれど、人生の良い予習になりました。とても鋭い洞察や指摘はいつも通りなので、はっと思い当たったり、考えさせられることも多々あり、いつかまた読み返したい。

ちなみにラマ様の本はこれ。
幸福論
ダライラマ14世テンジン・ギャッツォ / / 角川春樹事務所
ISBN : 4894561905

夫には「必読!」と命ぜられていたのに未読・・・。とりあえず見返し部分だけ読んでみると・・・
「消えることのない幸せと喜びは、すべて思いやりから生まれます。思いやりがあればこそ良心も生まれます。良心があれば、他の人を助けたいという気持ちで行動できます。他のすべての人に優しさを示し、愛情を示し、誠実さを示し、真実と正義を示すこそで、わたしたちは確実に自分の幸せを築いていけるのです。」
・・・もうこれだけで有難い感じです・・・。ちゃんと読みます。
[PR]
by higumake | 2008-05-12 09:39 | 日々のくらし | Comments(15)
Commented by まちこ at 2008-05-12 14:23 x
ブックオフ店舗や行く時に寄って品揃えが充実していたり、していなかったりと波がありますよね。
幸福論以前あさこさんが紹介されていた時から気になっています。
一説だけでこんなに有難い内容なんですか、全部読んでみたい~!
Commented by higumake at 2008-05-12 19:28
★まちこさん、そうでした!以前も「幸福論」のことをちらっと書いた気が・・・。
よく読んでますね~このブログ(笑)。
この本は目次を眺めているだけでも有難さ満点です。(私も読まなきゃ。)
世の中いろいろありますが、そこでも心穏やかに生きていくには、
もう高い徳を持つしかないのかも、と思うのですよ。
Commented by N78yoko at 2008-05-14 05:49
その古本屋さん、わりとうちに近い、マイナーなお店かなぁ?全然ちがうかな(^^;

先日ブックオフに行って、子供の本で読みたがっていたのが105円だったのでを買おうと思ったけど、やっぱり図書館にしようと思ったのでした
Commented by higumake at 2008-05-14 08:27
★yokoちゃん、その本屋さんは石神井公園駅の整形外科とかレンタルDVDやさんとかの並びのところ。店名も覚えてないマイナーなところ。

100円だからと買っているとやはり本もどんどん増えていくからね。
100円のワナだよね。図書館最高です。
Commented by N78yoko at 2008-05-14 09:12
あぁ、やっぱり?
私がよく本を売りに行くところだ。というわけで、たぶんその歩さんの本は私が売ったもので、あさこちゃんがかつて読んだまさにその本だと思われます(笑)
ははは~
Commented by higumake at 2008-05-14 09:22
★yokoちゃん、それはすごいね~。めぐりめぐって?私のモトへ~。
でもね、2冊あったのよ同じ本!どっちだろう???
この日はさらにずっと読みたかった「病気にならない生き方」も買ってしまいました。
Commented by N78yoko at 2008-05-14 09:28
あれま!ほんとー!?じゃ、違うほうだったかな???
「病気にならない生き方」もよさそうだね~。
感謝するとかそういうこと?
Commented by higumake at 2008-05-14 09:51
★病気にならない生き方は、胃腸科の医者が書いてる本で、もっと科学的内容みたい。牛乳の飲みすぎ(いや、飲むこと自体もかも?)はいけないとか、肉を食べてもスタミナはつかないとか、植物性85%動物性15%の食事がいいとか、病気の大半は遺伝より習慣によるとか、日本人の体には油ものは適さないとか、流行の健康法の間違いとか、水を飲めとか、その辺の具体的な話が詰まっているようだ。
Commented by かよ at 2008-05-14 10:03 x
ようこちゃんとあさこさんの会話から
あの辺の本屋さんだよなぁ~と想像しています(笑)
で、どっちの本だったんだろうね~。

昨日、本屋さんで久しぶりに真面目な?!ジャンルのコーナーに足を踏み入れてみたんだけど
いざとなるとなかなかどれがいいのか迷う迷う・・・
あさこさんの紹介してくれる本を素直に読んでみようかと
思った次第です(笑)

あ、病気にならない生き方は
夫の母がその手の本をお友達から借りまくっているので時々流されてくるものの中にあったような。。。
読んだ記憶があるけれど覚えて無いかも(汗)でも
結論。どの本もアレがダメ、コレがダメとダメダメなものばかりで
何も食べれないじゃないっっって思ったことは覚えています。

90歳まで生きたおばあちゃんに、どんな生活でどんなもの食べてたのか聞いておけばよかったなんて思ったりして(笑)
よく働いて粗食だったことは間違いないと思いますが。。。
Commented by higumake at 2008-05-14 10:36
★かよさん、おはようございます。こうなると気になります、一体どっちの本なのか!運命の分かれ道みたいな(大げさ)。

この手の本は厳しい内容も多いので、知っておくだけであとは自分で取捨選択しないと生きていけません。テレビで何がいいといえば店頭在庫がなくなるまで売れたりするけど、放送の関係上毎週紹介しているといろいろなものが出てきて、何でもいいんじゃん!と思えてくるし。結局は今自分がおいしいと思えるものを家族でおいしく食べるのが一番いいのではないかというところにいつも落ち着く私です。今はそれで家族みんな健康なので、間違ってはいないのかな、と。

よく働き粗食、それが一番日本人の体にはあっているのでしょうね。一方で欧米的体格の良さも少しは欲しいという欲もアリ、肉&乳製品もほどほどに与えたい・・・そんな気持ちもまた一方であり・・・、で結局おいしく食べれば良いでしょう?となるのでした(笑)。
Commented by まちこ at 2008-05-14 11:04 x
あさこさんと、yokoさんの話。おもしろい偶然ですね!読んでいてビックリしました。

私は、先月ブックオフで「死ぬための食事 生きるための食事」という本を買って読みました。
大腸がんを患い、それから食べ物飲み物をすべて自然なものに切り替え、「ほんとうに体にいい、ほんものの食べ物とは何か」を探り、世間に伝えようとしていた筆者。本を完成させることなく、志半ばで他界してしまい、部下である笠岡さんという方が、遺志を継ぐかたちで出版された本。

私の独身時代には殆ど毎日当たり前のように、外食をする、コンビニ弁当を食べる、カップラーメンを食べるという食生活を送っていました。
今考えると凄い乱れた食事内容だと思いますが・・・・
今も何も知らないで、何も考えないで、それらの物を食べる食生活を送っていたら、ちょっと先には病気になっていただろうなと。恐ろしくなり、とても考えさせられる本でした。
Commented by N78yoko at 2008-05-14 11:13
何を食べるかは結局は本人が決めることだけど、子供は自分じゃ食べていけないからね~。なので、子供を産んで、食べモノについてちゃんと考えるようになったのが一番よかったかも!?
私もいい加減だったもんな~。毎日飲んで食べて、仕事の途中でコンビニに行ってお菓子買ったり。

最近、食生活の乱れのせいか、肩がこる。先日美容院でマッサージしてくれたお兄さんが、「自分はパソコンとかでそんなに目を使わないのにすごく肩こりなんですよ~」って。あとでふと、食生活悪いのかも。と思ったよ。

まず第一歩は、牛乳や肉がだめというより、添加物や加工食品を減らすべきかなぁと思うんだけどね。
Commented by kaasannoasioto at 2008-05-14 16:05
きっと、ようこさんの本のような気が・・
おもしろい!!
やっとブログに足を踏み入れましたが軌道にはのっておらず・・
どうも画像がうまくいかず・・・
紹介するのもはばかられます・・・
ダライ・ラマですね!読んでみます。
そして私は今三輪明宏を読んでいます(笑)
国立にも来ていたのですねー!!

Commented by kaasannoasioto at 2008-05-14 16:06
http://utoisa.exblog.jp/
(母さんのあしあと)
足音
Commented by higumake at 2008-05-14 22:32
★まちこさん、今は本屋さんに行くと壁一面健康本コーナーができているくらい、この手の本に溢れていますよね。その本も興味深いです。

独身時代は皆多少の差はあれど、体のことより今の生活、食生活のことなんてあまり考えず、ただただ学校に通ったり仕事していたりしてたと思います。私もメンドクサイと朝食抜いたり、適当なものでお昼を済ませたりしていました。やっぱり子どもの存在は大きいですよね。そこが確かに転換期になっています。

★yokoちゃん、そうなんだよね。添加物本のところにも書いたけど、子供は親の与えたものしか食べられないから親の責任は重大で・・・。でもほんと現代はいろーんな情報に溢れていて、あとは母親の勘みたいなものが重要なのかな、と。

★ kaasannoasioto(足音)さん!ついにブログ開設なのですね!
さっそく見に行っちゃいました。うんうん、また楽しみなブログができました。
私、美輪さんも大好き・・・。
美輪さんって何もの?ってくらいすごいですよね。
でもつくづく正しいことをおっしゃるので、今度も美輪さんから目が離せず。
いつか彼の芝居を見に行くのが目下の目標というか楽しみなのです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ふたりはなかよし 手ぬぐい雑貨 >>