バケツ稲

パルシステム(生協)で「バケツで稲を育てよう」というおもしろい企画商品があったので買ってみました。私が選んだのは苗と培養土のセット。さっそく家にあったバケツで田植えをしました。培養土に肥料と水を混ぜて手でこねこね。どろどろの土がきもちよかった!中学の移動教室で田植え体験をしたことがあって、田んぼの中の記憶が蘇りました。女子達ははじめこそ気持ち悪がっていたけれど、そのうち泥パックだとか言って結構楽しんでいたな~。
e0105846_7585427.jpg

e0105846_759193.jpg出来上がりはこんな感じ↑ 
←稲の苗、培養土、肥料、小冊子のセットです。この冊子がちゃんとしていました。準備から稲つくりのカレンダー、観察ポイントからごはんの炊き方におにぎりの作り方、そして現在の日本の状況まで、たくさんの写真とかわいいイラストとともに、かなりしっかり描かれていて、このパンフレットを読んでいるだけでも楽しい&ためになります。
これは今年度パルシステムが力を入れている「100万人の食づくり運動」のひとつみたい。いいことやるよな、パル。そもそもパルがここまで浸透したのは、毎週届く宅配のチラシをスーパーのチラシ風で終わらせず、きれいな写真やイラストで雑誌の紙面風にも見える雰囲気を作ったことも大きいのではないかと思うのでした。同じものを売るにしても、雰囲気作りって大事なんですね。元企業の広報部出身夫妻としてはそのあたりにえらく感心するのでした。
e0105846_7593571.jpg
さらに今週は、ごはんを1杯食べたら一枚シールを貼るという、ごはんシールが届く予定です。ごはんと生き物シールがたくさん入っていて50円でした。さらにこのごはんシールが100枚貼れたら、抽選で300名様に「田んぼの生きもの図鑑 ポケット版」をプレゼント!らしい。子どもにやらせて応募してみます。
(※稲つくりセットの販売は終了してしまったけれど、次回のごはんおかわりシールの販売は7月4週目予定だそうです。パルをやっている方は是非~!)
[PR]
by higumake | 2008-06-10 08:47 | 日々のくらし | Comments(7)
Commented by N78yoko at 2008-06-10 19:57
ふふ、私もシールは頼んだ。友達のうちの分も。って、頼まれたわけじゃないけど、面白そうだ!と思って、無理やりやらせる(笑)
Commented by さくらの木 at 2008-06-10 20:19 x
こんばんは。苗と培養土のセット、購入しましたかー。すごいなあ。
実際にチャレンジしちゃうところ、私はこちらにえらく感心しちゃいました。
面白そうだけど、実際に育てるの大変そうですよね。
稲が育って収穫ができるよう祈っていますー。
ご飯一杯分くらいのお米にはなるのかな?
がんばれ〜、ひぐま家!!
パルの広告、私も毎回楽しみに読んでいます。
もう頼れる食情報誌のような存在・・・はっ、パルの戦略にまんまとはまっている!(笑)
Commented by higumake at 2008-06-10 22:23
★yokoちゃん、シールセットは50円だもんね!
友達(の子)にちょっとあげるにも良さそう!
私も買っておけば良かったよ。

★さくらの木さん、興味本位で買っちゃいました!
でも子どもより私の方が盛り上がってます・・・。
ようたんに至っては、手が汚れるし・・・みたいな冷たい対応です。
ここからの収穫はそれほど期待していないのですが、
花や稲穂を見て見たい。やっぱり興味本位です。
私もこうしてパルの戦略にまんまと乗せられているのでした~。
というわけで今年はキャンドルナイトもしちゃいます!
Commented by N78yoko at 2008-06-11 05:26
キャンドルナイト、20時から22時だっけ?
あ、やらなくても寝てる!と思ったよ(笑)
我が家は18時から20時にしようっと。
そうそう、、おとといの雷雨で停電するかも!と子供たちが騒ぐので、キャンドルナイトでした(^^)
Commented by Lotus at 2008-06-11 10:23 x
この場でははじめまして~とうとうデビューです。わかるかな?
稲セット私も注文したのに注文数が多かったので抽選になりました~そして落選しましただって(涙)
図書館で稲の本なんて借りてやる気まんまん(笑)だったのにガッカリ。
ブログでひぐま家の稲の成長を楽しみにしています。
Commented by higumake at 2008-06-11 12:32
★yokoちゃんちは朝も早いが、夜も早いもんね。
もうそれだけでエコです。

キャンドルで思い出したが、ようたんが運動会の鼓笛オーディションに手をあげました。で、結局小太鼓には落選したのだが、積極的に手をあげたことをほめたら、やろうと思った動機が、クリスマス会でキャンドルサービスの係りをやりたくないからという非常にネガティブなものであった。なぜやりたくないかというと、「ようぴい、燃えてしまうかもしれないから。」とのこと。園児が燃えたら伝説になるよね・・・。その話を先生にもしたら大爆笑。ここは是非ともキャンドルサービスをようぴいにはやっていただきたい、と言っていました。
Commented by higumake at 2008-06-11 12:35
★Lotusさん、初コメントありがとう~!Lotusね、なるほど~です。
稲セットってなに?抽選になったんだ?ということは、我が家は当選?したのね?
それはありがたい苗です。
今まで多少水が干上がっちゃったりしてても気にせず気楽に育てていたんだけど、
枯らすわけにはいかなくなりました。Lotusさんちの分もがんばります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 禁断の!?編み物 「飛んでる虎」シューズ >>