「とらや」の一筆箋

いつもコメントを下さる足音さんが、誕生日プレゼントにとこんなすてきなものを送ってくれました。老舗和菓子店「とらや」の棹菓子二十箋です。「とらや」に受け継がれる大正時代の見本帳に描かれた、羊羹などのお菓子のデザイン画らしい。
e0105846_1732437.jpg

e0105846_1733968.jpg【春】花いかだ、【夏】天の浮橋、【秋】万菊、【冬】御好薄氷(おこのみうすらい)・・・名前も素敵ながら、それぞれの意匠にはきちんと季節感が感じられて、とても美しいと思います。そんな見本帳をこうして一筆箋に仕立てた「とらや」のセンスもすばらしいですね。

私は行ったことがないのですが、六本木ミッドタウンのお店は、観光目的なのか外国人客も多く、店自体も他との差別化をはかっているらしい。重厚な雰囲気がありながらとてもモダンなのだとか。「とらや」といえば黒字に金の虎のマークの手提げ・・・なイメージでしたが、今はこんな家紋風マークをつけた斬新な包装もしているんですね。かっこいい!そしてこんな一筆箋もお土産に最適だと思います。日本人の私でも小躍りするくらいのもの、外国の方にとってはたまらないんじゃないかな。

コメントを寄せてくれるだけでも十分うれしいのに、他にも絶品水羊羹や私がカエル好きなのも知ってカエルのクッキー型なども送ってくださり、しみじみうれしかったです。心から感謝!大事に使わせてもらいますね。・・・いや、使うのもったいないかな。
[PR]
by higumake | 2008-06-14 11:51 | 日々のくらし


<< 副都心線 豚汁定食の翌日は・・・(ごはん日記) >>