ごはん日記~7月1日編

胃が酢飯を欲していたので稲荷寿司にしました。出かける前にお揚げさんだけ煮ておいたので、夕飯の支度は気が楽でした。何か1品でも作っておくと、その後がとーってもらくちんです。(分かってはいるのですが、なかなか出来ないことのひとつではある。)
e0105846_23211825.jpg
献立:山盛り稲荷ずし(米3合で16個分)、夏野菜の揚げ浸し、豆腐と万能薬味の味噌汁、山盛りさくらんぼ

e0105846_23213999.jpge0105846_23214990.jpg
「いただきます」と同時に稲荷寿司に手が伸びる子供たち。そんなに好きか。そんなに飢えているか。でも両手に持ってもりもりほお張る姿はかわいく、「おお、おお、食べろ、食べろ」と母は思います。おいしそうな姿が見られるのが、作り手としては一番うれしい。

e0105846_23222775.jpge0105846_23223736.jpg
調理中の写真も載せますよ~。今回の揚げ浸しはシンプルにナス、ピーマン、カボチャにしました。玉ねぎと生姜をすりおろし、酢、醤油、砂糖の漬け汁と混ぜておきます。
配合はまあ適当なのですが、すりおろし玉ねぎ、酢、醤油は大さじ1ずつ、すりおろし生姜と砂糖は小さじ1ずつという感じ。この日は確か倍量にしたと思います。あっさりと頂きたいときは、麺つゆと大根おろしに漬けたりします。

揚げ物は開いた牛乳パックにキッチンペーパーを敷いたもので受けています。牛乳パックを開いたものは貯めておいて、魚をちょっと下ろしたいときや、素材に粉を振りたいときなどにも使います。いろいろ使えて使い捨てで、用意しておくと便利なのです。
[PR]
by higumake | 2008-07-04 08:27 | ごはん


<< ホタル観察会 そんな季節 >>