「ぼんご」のおむすび塩

お友達からおむすび用のおいしい塩をいただきました。これは山の手線大塚駅前にある、おにぎり専門店「ぼんご」(板橋には2号店があるようだ)で使われている塩のようです。さっそくそれを使っておむすびを作ることにしました。これ、琉球沖縄の「海の風塩」というものみたいです。
e0105846_115915.jpg
今回はそうくんもやるというので、中に具を入れるのではなく、予めほぐした鮭や白ゴマ(大葉があればもっとおいしい!)を混ぜてから作ることにしました。

始めは上手に三角にならなかったそうくんでしたが、3個目くらいからは上手に三角ににむすべるようになりました。本来おむすびは丸いものだったというし、三角にこだわらなくてもいいのですが、三角で海苔がくるっと巻いてあるのが個人的に好きなのですよ、食べやすいし。

e0105846_1151774.jpge0105846_1152323.jpg
肝心の味なのですが、なんだかおいしい?子どもの頃食べたおにぎりがしょっぱくて、じゃりっと口の中で塩が溶けた感触は今も覚えていて、それ以来塩っ辛いおにぎりが苦手・・・。それで普段からあまり塩を付けずにおにぎりを作っていましたが、今回は基本に忠実に作ってみたのです。子ども達も自分が作ったというのもあるのか、「なんだか今日のはおいしいね~!」と言っていて、私も今日のは明らかにおいしいと思う。これは気のせいではなく塩のおかげ。おいしい塩って料理の基本なのだな~という思いを改めてしたのでした。

この塩、試しに舐めてみたのですが、ただ塩っ辛いだけではなくおいしい塩の基本、甘みと旨みもちゃんとありました。晩ごはんはミネストローネスープにしたのですが、それにもこの塩を使用。夫が「なんだかスープが妙にうまい」と言っておりました。

e0105846_1153286.jpgさて今回のおむすび作り、実はこれもそうくん(小2)の夏休みの宿題だったのでした。

夏休みの宿題、最後の追い込みに入るそうくんです→。よって私も丸付けに追われております。進研ゼミもやっているのですが、何が辛いって私の丸付け(苦笑)。低学年のうちは進み具合の管理も必要だし、こういうのが面倒で全部お任せの塾に入れる親、多いんだろうな~。通信教育は親の頑張りも必要なのでした。
[PR]
by higumake | 2008-08-24 21:09 | ごはん


<< 祝6歳!ようたんの たんじょうび 結婚式はいいもんだ。 >>