ごはん日記~天丼

冷蔵庫にはいろいろ野菜があったので、天ぷらを揚げることにしました。天ぷら定食でも良かったけれど、この日は丼に乗っけてタレかけて、江戸前風の天丼に!ごはんが進みます。何度も言いますが、ごはんは別に進まなくてよいのですが・・・(苦笑)。

e0105846_934689.jpgこの土地は海からも遠い東京・・・。活気のある商店街も残念ながら遠く、よっておいしい魚介類が”安く(ここ重要)”手に入りません。パルシステム(生協)もとても気に入っているのだけど、全ての魚は冷凍で届くし、味の方も残念ながらすっごくおいしい!というものではないのです。

だからこの日も野菜天の他は、鶏肉で鶏天を作ってみました。なんだか鶏を揚げると、フリッターって感じがするのだけど。

e0105846_935228.jpge0105846_94060.jpge0105846_94759.jpg
献立:天丼(カボチャ、ナス、レンコン、春菊、鶏)、冷奴、お麩と三つ葉の味噌汁
春菊が一番初めになくなった。なぜなら子供たちの好物が春菊の天ぷらだから。なんとも大人舌の子供たちです。
e0105846_941296.jpg
ちなみに天丼のタレは今回はフードスタイリスト飯島奈美さんのレシピで作ってみました。

天丼のタレ】酒大さじ2、ミリン大さじ4を合わせて小鍋で沸騰させたものを醤油大さじ6とあわせる。そこにかつお節を一掴み入れてそのまましばらく放置させたものを漉す。
でもこれはちょっと辛めかな?

e0105846_1817127.jpg「ほぼ日刊イトイ新聞」内の飯島奈美さんの連載コーナー「なんでもない日、おめでとう!のごはん。」。この中の「夏の終わりの天ぷら&そうめん」を眺めていたら、もう絶対に今日は天ぷらだ、という気分になったのでした。他の献立もそれはそれはそそられますよ。
[PR]
by higumake | 2008-10-22 20:36 | ごはん


<< 双子の兄弟 どんぐり虫 >>