無印良品の理由

私がまだ子どもの頃、「無印良品」という店というかコーナーが世に出現して、その商品たちをはじめて見たときは、簡素なパッケージや飾りの無い商品がとても新鮮に見えました。それから数十年、私も一家庭を運営する生活者になって、「無印」には大変お世話になっています。いくつかのお皿もそうだし、ノートも、ファイルも、収納ケースや、子どもの下着、ヨガパンツや・・・アイロン台にトースターもだわ!
e0105846_19263626.jpg
そんなわけで先日も10%オフになる無印週間にお買い物をしたら、もれなくこれを頂きました。いつの間にか3冊も集まってしまった「無印良品」の本。そこには「無印」のモノ作りに対する姿勢が書かれています。なるほどね~という発想の転換、柔軟な思考、細やかな配慮、要らないものはすっぱりと切り捨てる潔さ、などなど。この冊子もそうなのだけど、無印のカタログはどれもとてもセンスがよいと思う。(この本は1冊300円で販売もしているようだけど、オールカラーで300円と安いとはいえ、買ってまでは読まない気が・・・。だからこうしてプレゼントされるのがいちばんうれしい!)

さて、商品についてひとことふたこと・・・。電化製品でこれはすごく感じることだけれど、日本ってちょっと壊れると法外な修理代を要求され、だったら・・・とすぐに新しいモノに買い替えてしまう社会。セット売りで一つでも欠けたら総とっかえとか。でも無印はそれに真っ向から対抗してくれるように思えて、とても心強く思ったものです。いつでも定番がありますよ~というコンセプトだったから。

でも実際は・・・、頻発する在庫切れは大目に見るとして、困るのはマイナーチェンジや、定番とうたっていたはずなのに廃盤になること。定番らしいそぶりをしていたもので今残っているものはどれだけあるでしょうか。後で買い足せばいいかと、とりあえず4枚買った長方形のお皿・・・気付けばもう買い足せません。家族増えたらどうするんだ?(そんな心配はいらない!?)でもでもそんな半端になってしまった定番品がいくつかわが家には残っています。

ヨーロッパの食器ブランドのように、何年何十年シンプルで飽きのこないデザインの定番品が揃っている状況を作り出すのはむずかしいことなのでしょうか?ヨーロッパブランドには出来るのに?無印良品、それがちょっと残念なところ。
[PR]
by higumake | 2008-10-28 18:29 | 日々のくらし


<< 芋掘りの日々 のんびり東京散歩~本郷・根津・... >>