のんびり東京散歩~本郷・根津・千駄木の巻(2)

この日の東京散歩後半は東大赤門から。学生時代、東大には夫婦とも呼ばれなかったけれど(苦笑)、以前何度か来たことはあります。とはいっても訪れたのは10年以上前!この日は土曜日だったからか、大きな扉は開いていませんでしたが、通用門から中に入ればそこには大きな銀杏並木が!やっぱり広いな~。そして趣きある古い建物ばかりの構内は、国立大らしい重厚な雰囲気に満ちていました。
e0105846_21372816.jpg
既にたくさん歩いておなかもぺこぺこ。医学部前に良さそうな広場を見つけ、そこでランチをいただきました。「そうくん、東大に入るって言うのはどう?日本の研究費はほとんどここにくるんだよ。どうせ博士になるならここがいいよ。」と洗脳なぞしながら(笑)。

e0105846_21373542.jpge0105846_21374362.jpg

e0105846_2138261.jpge0105846_2138865.jpg先ほど買ったフィッシュバーガー(夫)、ハンバーガー(私)、ホットドック(子供たち)でランチです。アメリカンサイズでもれなくポテトも付いてきました。
お昼の後は「三四郎池」周りを散策。ここ、すごくいいです!山アリ、谷アリ、滝まであり、ちょっとしたハイキングコース!子供たちも大喜びであっちを走り、こっちを走り、途中ようたんなんて池に落ちそうになりながら(本気で焦った!)大いに野生に返っておりました。

e0105846_10495545.jpge0105846_1050392.jpge0105846_10501032.jpg
e0105846_10501866.jpge0105846_10502694.jpge0105846_1050349.jpg

e0105846_10585266.jpg「三四郎池」で走り回った子供たち・・・体力温存という考えは子どもにはありません。常に全力疾走。そうくんなんて首からポタポタと水滴が垂れるほどの汗をかいておりました。お陰でここから子ども達は下着同然のTシャツ姿です。

話逸れましたが構内にも見所はたくさん!大きな銅像があればそこには解説もあり、あまりに自分が歴史を知らないことに愕然としつつ、「首塚」を見るのは忘れてしまったけれど、「安田講堂」は見ておかないとね。ここで夫「あれ?安田講堂って闘争のときに大きな鉄球で壊されなかったっけ?」などと言う。それは浅間山荘ですよね。確かに同時期のことで記憶がすり替わったのでしょう。

それから安田講堂前の広場地下は、学食になっていたんですね。土曜日もやってるかな?と入ってみたら、やってますやってます。「だったらここで食べればよかったね。」と話したのだけど、一般人もオーケーですよね?子連れも可?やっぱりだめ?でも明らかに近所の人と思われる方々が構内には多かったです。

e0105846_10585935.jpge0105846_1059687.jpge0105846_10591674.jpg
e0105846_105929100.jpgその後は工学部を抜けて、弥生門から出ました。道を挟んで対面には「弥生美術館」「竹下夢二美術館」がありますが、今日は寄らず。

そのまま言問通りを挟んだ向こう側の農学部へ参ります。ここから抜けて根津神社へ・・・と考えていたのだけど、農学部でひどく迷いました。そして結論から言うと、どうやらここからは抜けられない模様~!急がば回れ、そういうことです。

大回りしてやっとのことで根津神社へたどりついたのでした。でも途中、難病を抱えて入院中の子に付き添う家族のための宿泊施設を見つけたり(「ぶどうの家」)、洋館風の面白い建物を見つけたり、街歩きにはいろいろな発見があったから、迷ったこともまた楽し。

e0105846_1155294.jpge0105846_116193.jpg

e0105846_116984.jpge0105846_1161774.jpg
大きな鳥居と赤い本殿が印象的な「根津神社」。ちょうど結婚式が行われていました。境内には「乙女稲荷」もあり、たくさんの鳥居をくぐってきました。神社前には有名なのかしら?かりとうやさんもあり、何人かが並んでいました。

e0105846_1110448.jpge0105846_11101131.jpg神社を後にして、ちょっと歩いたところには赤いとんがり屋根のかわいい「根津教会」がありました。絵本「ちいさなおうち」の雰囲気です。

その近くの長屋にはかわいらしいTシャツやさんも。買うわけじゃないのに、ベンチで休む子供たち・・・。

e0105846_11103420.jpge0105846_11104344.jpg
不忍通り沿いのたい焼き屋さん「根津のたいやき」は大人気です!10人くらい並んでいる最後尾につけたのだけど、とき既に15時前・・・14時には売切れてしまうこともあるとかで、店主が「材料がなくなり次第終了です。並んでも買えないかも・・・」というようなことを話していました。でもちゃんと買えましたけどね。1個140円、ぱりぱりの薄皮にあんこは尻尾の先までたっぷり!疲れた体に糖分が染みました。

e0105846_1110519.jpge0105846_1111088.jpg
この後は「芋甚」にてあんみつをお土産に買って、千駄木の町を歩いてから帰ることに。しかし・・・日本医科大の裏あたりでまた迷い、一気に疲れが・・・。

e0105846_11173778.jpge0105846_11174544.jpge0105846_11175379.jpg

e0105846_11315710.jpge0105846_1132563.jpgいつも持ち歩いているものではない地図を持ってきてしまったせいなのか、どうにも感がつかめないのです(涙)。

でもなんとか目当ての場所に着ましたよ、それは「おばけのだんだん」。その名の通り昼間なのに街灯もついていておばけが出そうな雰囲気~っ。でも趣のある階段です。子供たちのかっこうの遊び場。そして路地&坂道好きの私たちにとってもかなりエキサイティングなスポットです。(ほんと地味な夫婦・・・。昨晩も話したのだけど、夫婦二人の老後が今から楽しみで仕方ない・笑。)

e0105846_1119582.jpg表通りに出たら「団子坂」(かつてはお団子屋さんが軒を連ねていたとか。それと菊人形を見せる小屋も並んでいたようです。)を下って、千駄木駅へ。ここが本日のゴール駅です。今日はよく歩いたと思います。たぶん6キロは歩いています。
山手線はかつて何日かに分けて1周歩いたから、今度は山の手の中を散策しようと始めた東京散歩ですが、毎回毎回思います。東京に住んでいながらまだまだ知らない場所ばかりだと。

~散歩の後~
夕食後は「甘味処芋甚」で買ったお土産のあんみつを頂きました。一人前350円のシンプルなあんみつは一人前を半分ずつシェア。シンプルながら真面目に作られたであろうあんみつは、歩き疲れた体にしみるように、ほっこりおなかに収まりました。最近わが家でブームのあんみつですが、半分サイズくらいがちょうどいいかな。黒蜜は結構甘いから、ちょっと食べられれば満足なのです。
e0105846_1120686.jpg
今度の週末は、神田・神保町を散策する予定です。読書週間である今週、ちょうど先日の月曜日から神田古本祭り開催中らしいので。
[PR]
by higumake | 2008-10-31 08:53 | 日々のくらし


<< 役作り 道ばたの花束 >>