りんごの行方

先日3人の方から頂いた10個のりんごたち。そのまま剥いて食べたり、せっせとようたんのお弁当に入れたりとそのまま食べてます・・・と言ったら怒られそうなので(笑)、こんなものも作りましたよ、という報告です。甘いものばかりなのですが、第一弾はアップルパイ。
e0105846_15162176.jpg

e0105846_15163283.jpg適当に切ったリンゴをバターで炒めて、砂糖少々とシナモンを好きなだけふりふり。それを冷凍パイシートで包んで、溶き卵でのり付けと艶出しし、これまた適当に切れ目を入れて200度のオーブンで15~20分焼く。
出来たて熱々をいただけるのは手づくりの特権です!

冷凍パイシートを常備しておくと便利です。私は原材料が小麦粉、バター、水、塩、という至ってシンプルな[CUOCA」のこれがお気に入り!扱っているスーパーも多々あったと思います。

e0105846_15532361.jpgあとはジャムにもしておいた。

1キロのリンゴをこれまた適当に切って(8つに切って皮を剥いてからさらに小口?切り)その半量の砂糖500g、レモン汁1個分、レーズン適当と一緒に、好きな硬さになるまでコトコトと煮る。

熱いうちに清潔な保存ビンに入れておきます。出来たてはサラサラとした状態ですが、冷めるととろみが出ます。昨年作ったものがまだ冷蔵庫に残っていたのですが、しっかり砂糖も入っているのでまったく痛んでいません。これがあるとリンゴジャムのパウンドケーキもすぐに作れます。
e0105846_18295252.jpg
バター80gを泡だて器で練り、あればブラウンシュガー(精製度の低いものの方がおいしいです)25g、卵1個を順番に加えて泡だて器で混ぜる。ゴムベラに持ち替えリンゴジャム100gをさっと混ぜ、薄力粉150g、ベーキングパウダー大さじ1/2、シナモン小さじ1を振るい入れさっくりと混ぜたらパウンド型に入れ、180度のオーブンで30分焼く。

まだ温かいうちに頂くと、まさに外側さっくり、中はしっとりでとっても好きなケーキです。

昨日は近所の友だちが(以前ラディッシュ人参をたくさんくれた方!)、またまた幼稚園で大根を収穫してきたからと、わが家に届けてくれました。違う園に通っているにも関わらず、A幼稚園の収穫の度にその恩恵にあずかるわが家・・・もつべきものは友だちだわ~(笑)。そして今日は別の友だちが、実家で取れたのであろうかわいらしい人参やずっしりと栄養満点な雰囲気の大根をおすそ分け。ごちそうさま!というわけで、次はこの3本の大根たちをどういたしましょうか。
[PR]
by higumake | 2008-12-10 16:01 | レシピ


<< 包まざるもの食ふべからず 生産する日々 >>