予約した本がまた届きました。

図書館の予約サービスが便利です。気になる本はとりあえず予約すると、貸し出し中でなければそれこそすぐに、人気がある本も順番が来ると家の近所の窓口まで届けてくれる(この窓口が家と学校の間くらいにあって子どもにおつかいを頼める距離というのがまた便利)。これが無料のサービスなんですから(住民税は払っているのだけど)使わなきゃ損です。というわけで、昨日窓口に届いていた本はこの3点。

e0105846_17111571.jpgひとつ目はフードコーディネイター長尾智子さんの「お料理コーディネイト帖」。雑誌「SPUR」に連載されていたものをまとめたもので、お料理もまたファッションと同じく、盛り付け、色合い、温度、出すタイミングなどのコーディネイトなんだ、さらにそこに味のコーディネイトも加わる奥深いけれどおもしろいものなんだ、というところを改めて勉強したくて。おしゃれなのにレシピはとてもシンプルなので、これならすぐにでも取り入れられそうと思えるところもよし。

ふたつ目は詩人伊藤比呂美さんの「とげ抜き新巣鴨地蔵縁起」。伊藤比呂美さん、好きなんです。高校生くらいのときにこの人の詩を始めて読んだときは衝撃を受けました。その後私は結婚し、妊娠したときにはこの人の「良いおっぱい悪いおっぱい」シリーズを穴の開くほど読み、彼女の育児モットーである「がさつ、ぐうたら、ずぼら」「コドモより親が大事」ということばを呪文のように唱え、ついつい神経質になりがちな第一子育児期を非常に大らかに過ごせた気がします。恩人。
こちらの本はまだ読み始めていないのだけど、その頃小さな子どもだった彼女の確か3人の娘もすっかり大きくなり、自身の何度目かの結婚や離婚や親の介護など、人生の酸いも甘いもが書かれているよう。非常に楽しみだ。

そしてみっつ目はぱんださんのブログで紹介されていて、私も読んでみたいなと思った「むしゃくしゃかぞく」です。さっそく子供たちに読み聞かせながらも、これは大人の心により深く響く物語だな~と私も思いました。わが家にも「ふわふわぽあん」としたもの、ちゃんとあるかな?わが家は「にこにこ家族」かな?大切なものははじめから持ってる。それに気付いてそれを大きく育てるのは、生きている私たち自身なんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子どもたちは今お外で、お友だちと遊んでいます。走り回っているかな?楽しく遊んでいるかな?お買い物がてら、ちょっと見に行ってこようと思います。たまにはお迎えに行ってこようと思います。
[PR]
by higumake | 2008-12-18 15:38 | 日々のくらし


<< 完全に現実逃避 プレゼントのリクエスト受付は終... >>