お正月準備~30日編

起床8時半。目覚ましをかけないとこれが普通になってしまったここ数日のわが家です。普段は6時半起床だからこの時点で2時間のロス。ま、いっか・・・休みなんだし。朝ごはんを食べ、いつもの掃除洗濯お茶碗洗いが終わったら、まずは手始めに栗きんとんに取り掛かってみました。

e0105846_16264288.jpge0105846_16265028.jpge0105846_16265698.jpg
e0105846_1627375.jpge0105846_16271279.jpge0105846_16272474.jpg
さつまいも1本は皮を剥いて柔らかく茹でこぼしたら、甘露煮のシロップを入れてバーミックスでガーっと潰す。その後火にかけしばらく練って、甘露煮を加えたら完成です。実は簡単で、素朴な家庭らしい味わいが気に入っています。

e0105846_16274460.jpg甘露煮はパルシステムのもので、原材料が国産の栗と砂糖のみというのが大変気に入っています。漂白もされてないし、着色もされていないものって、市販のもので見つけるのは大変なのです。

ようたんもお味見。これが楽しみで私の動きをマークしているようたんです。出来上がりのタイミングでうまいことやってきます。

e0105846_16513954.jpge0105846_16514782.jpge0105846_16515529.jpg
ここで夫と子どもたちは都立公園へ逃亡・・・じゃなかった戦力外通告・・・でもなかった、遊びに行きました。早くもお正月気分で凧揚げをしに行くそうです。バットとボールも持っていったので野球もするのでしょう。私はあとからお弁当(ブロッコリー入り麻婆豆腐丼とリンゴ)を持って行きました。今日も暖かかったですね。道中上着無しで大丈夫でしたから。こんな12月大丈夫?と心配になるほどです・・・。私はバッティングを10球ほどやらせてもらってごはんを食べたら早々に退散、公園近くの魚屋さんなどを見に行きました。最後の買出し。今日は買い物客で賑わっていますね。

e0105846_16393072.jpge0105846_1639413.jpge0105846_16394988.jpg
続いては田作り作り(※ギャグではありません)。はっきりいって田作りってあまり好きではなかった私。なので好きなナッツなどを入れておいしく食べられるようにしました。

くるみ50gはフライパンで香ばしく炒る。ごまめ(片口鰯)50gも同じくぱきっと折れるくらいになるまで乾煎りする。同じフライパンで砂糖大さじ2.5、みりん大さじ1、酒大さじ1、醤油大さじ1をフツフツと沸騰させる。少しとろみがついてきたところでクルミとごまめと白ゴマ(適当)を入れてさっと混ぜる。バットに広げて冷ましたら完成。

e0105846_1773864.jpgちょうどいつものお米屋さんから五分づき米とサービスののし餅が届きました。このお餅がまたとてもおいしいのです。「自然耕」のお米ですからね。

鏡餅は近所のお米屋さんで作っているものを今年も買いました。鏡餅の乗った三方は、廊下の棚にではなく、今年はリビングのテレビボードに飾ることにしました。
  おお~、これがあるだけで一気にお正月気分が高まります!「かたち」って大事なのですね。
e0105846_1774750.jpg

e0105846_17123080.jpg再びキッチンに戻ります。次に紅白なますを作りました。菊花蕪ならぬ、菊花大根も作ろうと一緒に漬け込んでしまうことにしました。作ってるそばから、「オレはなますがきらいなんだ~!」とそうくん。好き嫌いのほどんどない人ですが、納豆となますは二大嫌いなもののようです・・・。今年はなますも柚子風味にしてみたのですが、いかがでしょうかね。
e0105846_17373947.jpg3時のおやつには買ってきたシュークリームをみんなで食べました。最後に陶器の器にお花も生けたら、今日のところはこのくらいでお正月準備はおしまいかな。

・・・しかしこれで終わらないのが主婦の仕事。この後は晩ごはんの支度に入ります。
[PR]
by higumake | 2008-12-30 16:59 | ごはん


<< 好きなものだけ詰めたおせち 「クナイプバスソルト」と年末の... >>