なにごともない日常というもの

3月も始まりました。昨日は久々にお天気もよくて、洗濯物がハタハタと気持ち良さそうに泳いでいました。そんな昨日は最後の役員会。この後も雛祭り会(今日)やお誕生日会や合同会食のお手伝いなどいろいろあるけれど、もちろん卒園に関する仕事もいよいよ大詰めだけれど、取り合えず役員一堂が会する役員会は最後。園からはお礼の粗品がありますなどと生活必需品まで頂いてしまい、会長さんはここはひとつ〆ましょう!と一本締めまでして、ここまで大きな事件もなく、むしろ楽しくお手伝いさせていただけたことに、ただただありがたくうれしく、とにかく卒園に向けての気分も盛り上がったのでした。

e0105846_21543840.jpgでもそれは表向きの話。平和に見える世界の一部に起きた重く苦しい話も耳に入り、また別のことでもちょっと気になることから実は予想外におおごとなのかも?という自体も浮き彫りになったりして、どれも他人事と言ってしまえばそうなのかもしれませんが、大切な友人たちに起きた話であり、いつ誰にでも起こりうる話なんだとも思うのでした。ここでは具体的に書けずごめんなさい。

そうなるともう私たちは、ただただ毎日に感謝して、その日その日を一生懸命生きていくしかないんだろうなあと思います。明日のことは分からないから。

今日も大きな怪我もなく健康で、事件にも事故にも巻き込まれず平和で、夫は仕事に励め、私はごはんを作り、こどもたちは笑顔で学び遊ぶ日々って、あたりまえのことじゃないよ!ありがたいことだよ・・・改めてそう思うのでした。昨晩は大げさかもしれないけれど、そんな人生についていろいろ考えてしまい珍しく眠れず。今日は寝不足でちょっと気持ち悪い・・・。でも本日は幼稚園最後のランチ会なので、自転車こいで行って来ました。こういうときは人と会っていると、自分の中の元気を思い出します。人は人に救われるのだ。これがみんないい人たちばかりで、私はものすごく人に恵まれていると思う。今日もありがとう!
[PR]
by higumake | 2009-03-03 15:27 | 日々のくらし


<< ごはん日記~ビビンバ風そぼろごはん編 レモン三昧 >>